« 北陸新幹線は「えきねっと」も「e5489」も利用可能に | Main | 山田線の三陸鉄道移管、2016年に一部復旧? »

香椎線の各駅が無人化

 福岡都市圏への通勤・通学で使われている香椎線(西戸崎-香椎-宇美間)。この香椎線に駅遠隔ご案内システム(ANSWERシステム)を導入します。2015年1月に工事に着手し、2015年3月14日にサービスを開始します。

 ANytime Support With Expert Responseの頭文字をとったANSWERシステムは、「いつでもプロの応対でサポートします」という意味が込められています。(JR九州のほかの線との接続駅である)香椎と長者原を除く14駅に導入されます。14駅にはインターホン等を設置し、始発から最終まですべての時間帯において、遠隔操作で専属のオペレーターが対応します。これまで無人となっていて対応ができなかった、早朝や深夜でも対応できるようになります。自動券売機等に異常が生じた場合は、遠隔操作により復旧を図るほか、必要に応じて係員(サポートスタッフ)が行って対応します。障害者など列車の乗降が自力でできない人に対しては、前日の20時までにサポートセンターに電話すれば、対応します。14駅にはインターホン、自動券売機、自動改札機、係員対応精算機、列車接近放送装置を備えます(雁ノ巣、海ノ中道には係員対応精算機、列車接近放送装置はありません)。

 現在は雁ノ巣と海ノ中道しか無人駅はありませんが、ANSWERシステム導入により、これらの2駅を含む14駅で無人化されます。有人駅は香椎、長者原のみとなります。武豊線のように「みどりの窓口」がある駅は少ないので、不便になる度合いはそれよりは小さいのですが(武豊線では、「みどりの窓口」があった駅も無人化され、指定券の券売機も設置されませんでした)、それでも不便になる面があることは否めません。

 香椎線の導入費用は2.2億円、JR九州は経費節減のため、都市近郊路線を中心にこのようなシステムを導入し、無人化を進める方針です。
(参考:JR九州ホームページ http://www13.jrkyushu.co.jp/newsreleaseweb.nsf/9dd28b8cb8f46cee49256a7d0030d2e6/c02146eb078c250049257db60026661e/$FILE/%E9%A6%99%E6%A4%8E%E7%B7%9A%E3%81%AE%E5%90%84%E9%A7%85%E3%81%8C%E3%80%8CSmart%20Support%20Station%E3%80%8D%E3%81%AB%E5%A4%89%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99.pdf、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2014/12/23/240265.html、朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/articles/ASGDQ5K1ZGDQTIPE01D.html)

|

« 北陸新幹線は「えきねっと」も「e5489」も利用可能に | Main | 山田線の三陸鉄道移管、2016年に一部復旧? »

鉄道」カテゴリの記事

JR九州」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 香椎線の各駅が無人化:

« 北陸新幹線は「えきねっと」も「e5489」も利用可能に | Main | 山田線の三陸鉄道移管、2016年に一部復旧? »