« 「ななつ星in九州」、肥薩おれんじ鉄道に乗り入れへ | Main | 相模原市内の横浜線、地下化か? »

可部線延伸は2017年春に再延期

 可部線の延伸計画は、いったん廃止になった区間を復活させるという珍しいもの。可部-旧河戸間約1.6キロが延伸され、廃止前にはなかった電化もなされます。もともとこの可部線延伸は2015年春に行われる予定でしたが、騒音や振動などの影響を慎重に検討するため、1年延びていました。そして、またさらに延びることとなったのです。

 その原因は、以前にも書きましたが終点駅周辺の鉄道用地の取得遅れ。再延期はないという話もありましたが、2016年3月には間に合わないようです。約6600平方メートルの鉄道用地は、区画整理事業の対象区域(約5.1ヘクタール)から切り離され、私有地を除く約4000平方メートルについて約10人の地権者から取得する予定でした。2014年中に取得を終える予定でしたが、土地の境界確定が遅れ、結果として2016年春のダイヤ改正に間に合わなくなったのです。JRのダイヤ改正は通常年に1回のため、可部線延伸もさらに1年遅れ、2017年春となるのです。
(参考:中国新聞2014年12月20日朝刊)

|

« 「ななつ星in九州」、肥薩おれんじ鉄道に乗り入れへ | Main | 相模原市内の横浜線、地下化か? »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 可部線延伸は2017年春に再延期:

« 「ななつ星in九州」、肥薩おれんじ鉄道に乗り入れへ | Main | 相模原市内の横浜線、地下化か? »