« JR九州のスイーツ列車は「或る列車」 | Main | 日高線の復旧に要する費用は数十億円? »

「のと里山里海号」、平日も300円追加で利用可能に

 ゴールデンウィークの4月29日から運行を開始する、のと鉄道の観光列車、「のと里山里海号」。これまで運行は休日等だけで、平日は団体用の貸切とすることになっていましたが、どうやら平日も乗ることができるようです。年間150日程度運行する休日等は「ゆったりコース」、平日は「カジュアルコース」となります。

 「ゆったりコース」は、全席指定で大人1500円、子供1000円(運賃を含みます)。一部の列車には飲食付のプランもあり(2両中1両が飲食付となります。また値段には運賃を含みます)、「スイーツプラン」(和洋菓子3点程度と御当地コーヒー、茶、ジュース等の飲み物がつきます。「のと里山里海1号」、「のと里山里海4号」のみ設定があります)は大人3000円、子供2500円、「ほろ酔いプラン」(地酒3種類とおつまみがつきます。能登ワインまたは地ビールの1ドリンクサービスもあります。土曜日の「のと里山里海5号」のみ設定があります)は大人のみで3500円となります。いずれも予約制ですが、飲食なしのものなら予約なしでも当日空席があれば乗車できます。また、いずれも、翌日まで利用できる普通列車の片道無料乗車券がつきます。夏ごろには、オリジナル弁当を楽しむプランを設定する予定です。

 「カジュアルコース」は、運行日以外の平日の乗車ニーズにこたえるもの。定期列車に1両を増結し、「のと里山里海51~56号」として運行します。定期列車と一緒に走るので、各駅停車で、七尾-穴水間の所要時間は約40分です。車両検査日の水曜日(水曜日が祝日のときは翌日に運休します)を除いて1日6本運行し、「ゆったりコース」同様、アテンダントによるサービスがあります。乗車するには、乗車する区間の運賃のほか、300円の整理券が必要です。事前の予約はいりません。

(追記)
 北陸デスティネーションキャンペーンの開催に合わせて、10月3日乗車分から「スイーツプラン」、「ほろ酔いプラン」の予約受付期間を拡大します。これまで乗車日5日前までの予約が必要でしたが、電話または穴水駅窓口予約の場合、「基本プラン」と同じ前日正午までとなります。ただし、乗車日3日前正午以降については、数量限定となるため、売り切れとなる場合があります。夏休み特別企画として実施していたスイーツセットの車内販売(予約不要、数量限定)は好評のため、10月以降も実施します。

 また、10月から12月の「ゆったりコース」運行日に限り、昼食時間帯にかかる「のと里山里海3号」で、限定の寿司弁当を発売します。「能登すしの庄 信寿し」のつくる「能登前 寿司御膳」で、蒸しあわびのにぎりなどがあります。税込2500円で、乗車日3日前正午までの予約が必要です。
(参考:のと鉄道ホームページ http://www.nototetsu.co.jp/satoyamasatoumisyousai.pdf、http://www.nototetsu.co.jp/pdf/10notosatoyamasatoumi.pdf)

|

« JR九州のスイーツ列車は「或る列車」 | Main | 日高線の復旧に要する費用は数十億円? »

鉄道」カテゴリの記事

東海・北陸私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「のと里山里海号」、平日も300円追加で利用可能に:

« JR九州のスイーツ列車は「或る列車」 | Main | 日高線の復旧に要する費用は数十億円? »