« 桜交通、東京-相馬線を開設へ | Main | 南海、8300系導入 »

三陸鉄道、釜石線、八戸線などとの相互乗り入れ検討へ

 JR東日本山田線宮古-釜石間は、三陸鉄道に移管のうえ、2018年度に全線で運行を再開します。この山田線についていくつか動きがありましたので、まとめて紹介します。

 まず本数についてですが、震災前、宮古-釜石間は1日10往復でした。それが11往復以上に増えるようです。南リアス線、北リアス線も増えるようです。運行区間は地域住民の生活圏に合うように設定されるようです。久慈-山田間などという設定もあるようです。南リアス線、北リアス線と直通運転するほか(久慈-盛間の直通運転も1日1往復以上設定します)、JR東日本の山田線盛岡-宮古間、釜石線、八戸線などとの相互乗り入れの協議も行います。山田線の移管に伴い、JR東日本から8両の新型車両が提供されるので、三陸鉄道の保有する車両数が5年後までに現行の19両から22~24両に増えます。運賃は全線で見直すとのことですが、どのように見直しを行うのかはわかりません。ただ、JR東日本当時よりは高くなるようです。JR東日本の運賃が安すぎただけで、当たり前といえば当たり前ですが。原則としてワンマン運転ですが、通学ラッシュなどで3両以上となるときは車掌が乗務します。路線名は、岩手県や沿線自治体と協議したうえで決めます。既存の南リアス線、北リアス線も変わる可能性があるようです。
(参考:河北新報ホームページ http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201503/20150321_32014.html、岩手日報ホームページ http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20150321_3、朝日新聞ホームページ(会員登録要) http://digital.asahi.com/articles/ASH3N5J8PH3NUJUB00Q.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASH3N5J8PH3NUJUB00Q)

|

« 桜交通、東京-相馬線を開設へ | Main | 南海、8300系導入 »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

北海道・東北私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 三陸鉄道、釜石線、八戸線などとの相互乗り入れ検討へ:

« 桜交通、東京-相馬線を開設へ | Main | 南海、8300系導入 »