« 3月の北陸新幹線、好調な利用率 | Main | 「日韓共同きっぷ」は6月で廃止、JR西日本は新切符にリニューアル »

六甲ライナーにも新型車両

 ポートライナー、六甲ライナーを運営する神戸新交通は、ポートライナーの混雑緩和のため、新車を導入することを決めています。増加する学生需要に対応するため、4月8日から6月までの間の平日、三宮8:53発中埠頭行きを増発します。この臨時列車、車両故障等に備えた予備用の車両を引っ張り出したものであり、車両故障等が発生したときには運行できないこともあります。また、この臨時列車は利用状況により、三宮8:46発中埠頭行きに変更する場合もあります。

 そして、もう一つの六甲ライナー。こちらは1990年の開業に合わせて導入された車両を使っていますが(1989年から1997年にかけて製造された1000形、11編成44両)、更新されることになりました。2017年度に1編成、2019~2023年度に2編成ずつの合計11編成44両を製造します。製造は現在走っている車両と同じ川崎重工で、総額約47億円です(税抜き価格)。

 車両のデザインは、港町神戸らしく船をイメージしたもの。船らしく、横から見ると下が短い台形となっています。色は緑青を基調としていて、住吉川沿線にふさわしい落ち着いた色彩となっています。アルミ合金製車体で、ワイドボディです。座席配置はクロスシートとロングシートを組み合わせ、座席は1人ずつ区分されています。窓にはロールカーテンが備えられています。防犯カメラを各車両2台設置し、車いすスペースを各車両に1か所設置します。車両の床面高さを下げ、段差を縮小させます。室内扉上部には液晶ディスプレイ式車内案内表示器を各車両2台設置し(1両に扉は1か所なので、左右両方べての扉に設置されることになります)、行先案内やドア開閉案内を行います。言語は日本語、英語、中国語、韓国語の4か国語対応です。また、床は木目調となっています。

(追記1)
 9月24日からの平日、三宮8:53発中埠頭行きの臨時列車の運転を再開しました。大学の後期が始まったのでしょうか?

(追記2)
 六甲ライナーの新型車両、3000形は2018年8月31日に営業運転を開始します。
(参考:神戸新交通ホームページ http://www.knt-liner.co.jp/wp/wp-content/uploads/2015/03/d4f39b93fa34e43f2e31b8f0d359c586.pdf、http://www.knt-liner.co.jp/wp/wp-content/uploads/2015/03/6bfa0dd450b4461a479fc36da234fbef.pdf、http://www.knt-liner.co.jp/news/2918/、http://www.knt-liner.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/07/60e75706622fd799cdc580040dc1bef9.pdf、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2015/03/28/247674.html、毎日jp(会員登録要) http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20150405ddlk28040254000c.html、「鉄道ファン」2018年11月号 交友社)

|

« 3月の北陸新幹線、好調な利用率 | Main | 「日韓共同きっぷ」は6月で廃止、JR西日本は新切符にリニューアル »

鉄道」カテゴリの記事

関西私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 六甲ライナーにも新型車両:

« 3月の北陸新幹線、好調な利用率 | Main | 「日韓共同きっぷ」は6月で廃止、JR西日本は新切符にリニューアル »