« 臨時「北斗」を渡島砂原経由で運転 | Main | 京福、JR太秦駅近くに新駅 »

新潟の国鉄色485系、5月にラストラン

 JR東日本の新潟車両センターには、特急用として485系が配置されていました。その中でも人気だったのが、国鉄色に塗られたT18編成といわれる6両編成。2008年に国鉄色に戻されました。このT18編成は、ほかの新潟車両センター所属の485系とともに、特急「いなほ」、「北越」、快速「くびき野」、臨時快速「ムーンライトえちご」などで使われてきましたが、E653系の導入列車そのものの廃止により、3月14日のダイヤ改正で定期列車としての運用は終了しました。そもそも485系の定期運用自体激減していて、新潟-糸魚川間の1日1往復の快速ぐらいでしょう。

 そこで5月23日、30日の2日間、このT18編成を使用して、団体臨時列車を運行します。23日が「485系国鉄色周遊号」、30日が「ありがとう485系国鉄色号」です。23日は今まで485系が運行した思い出の路線を周遊するもので、新潟→犀潟→越後湯沢→新津→新発田→新潟のルートで走ります。犀潟、越後湯沢、新発田の3駅では、ヘッドマークの表示を切り替えるイベントが行われます。T18編成最後の運行となる30日は、新潟と酒田を往復します。

 23日、30日の2日間とも、JR東日本の旅行商品「びゅう」のツアー列車として運行します。旅行代金は大人10000円、子供6500円からとなっていて、弁当や記念品もつきます。追加料金を出せば、2人分の座席を独り占めできます。インターネットでの予約抽選販売(5月7日現在、すでに受付は終了しています)のほか、5月8日からは新潟支社管内の「びゅうプラザ」等で一般販売を行います。
(参考:レスポンスホームページ http://response.jp/article/2015/04/29/250057.html、JR東日本新潟支社ホームページ http://www.jrniigata.co.jp/、http://www.jrniigata.co.jp/Scripts/press/20150428485last.pdf)

|

« 臨時「北斗」を渡島砂原経由で運転 | Main | 京福、JR太秦駅近くに新駅 »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新潟の国鉄色485系、5月にラストラン:

« 臨時「北斗」を渡島砂原経由で運転 | Main | 京福、JR太秦駅近くに新駅 »