« 西武の観光電車は4000系を改造したレストラン | Main | JR東日本、気仙沼線、大船渡線の鉄路存廃につき7月に提示 »

列車の中でプロレス

 赤湯と荒砥とを結ぶ第三セクターの山形鉄道。7月4日、このローカル線がプロレスリングになります。

 長井商工会議所の有志が企画して、山形鉄道に提案したものです。国交省にもお伺いを立てて、開催できることを確認しています。7月4日は長井市中心部で行われる、長井おどり大パレードの開催日。その日のイベントの一つとして、「ローカル線プロレス」が行われます。

 プロレスリングとなるのは、赤湯11:50発の臨時列車。観客とリングアナのみを乗せて赤湯を出発します。リングアナが説明をしている間に、次の南陽市役所前から選手が乗り、この臨時列車の終着駅である長井までの約25分が試合時間です。参加する選手は、東北を拠点に活動するみちのくプロレスが中心となりますが、みちのくプロレスにはリング外での試合をしたことがありません。そこで、過去にキャンプ場や書店、商店街、工場などでの試合経験があるDDTを招いて、そこからノウハウの提供を受けながら選手も複数出してもらうことになりました。DDT側も列車の中でプロレスをしたいという考えがあったようで(山手線でやってみたかったようです)、承諾を得ました。みちのくプロレスからはザ・グレート・サスケ選手、気仙沼二郎選手、DDTからは社長の高木三四郎選手、そして南陽市出身の女子プロレスラー、井上京子選手など8人前後が参加します。最後までフォールやギブアップを奪われなかった一人が勝ちということになります。ルールは3つ。一つ目は、車両や備品を壊さないこと。二つ目は、乗客にけがをさせないこと。三つ目は、列車を止めないことです。凶器を使っても構いませんので、持ち込む選手もいるようです。

 この列車に乗るには、事前に申し込まないといけません。往復はがきで長井商工会議所まで申し込みます。6月21日消印有効です。定員は50人、応募多数のときは抽選を行います。

(追記)
 「ローカル線プロレス」は2016年も行います。2016年10月29日です。今年は赤湯から長井までの下りだけではなく、荒砥から長井までの上りも行います。
(参考:朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/articles/ASH501CXDH5ZUEHF011.html、http://www.asahi.com/articles/ASJB56QZ1JB5UZHB00V.html、ローカル線プロレスホームページ http://www.wrestlertrain.jp/)

|

« 西武の観光電車は4000系を改造したレストラン | Main | JR東日本、気仙沼線、大船渡線の鉄路存廃につき7月に提示 »

鉄道」カテゴリの記事

北海道・東北私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 列車の中でプロレス:

« 西武の観光電車は4000系を改造したレストラン | Main | JR東日本、気仙沼線、大船渡線の鉄路存廃につき7月に提示 »