« 西武、観光電車を導入か? | Main | 「106急行」も宅配便の荷物を載せる »

227系追加投入で呉線は4割以上が新車に

 3月14日のダイヤ改正で登場した、JR西日本広島支社の新型車両、227系。追加投入されることになり、7月4日から227系で運転される列車が増えました。

 227系が走る区間は3月14日ダイヤ改正時点と同じく、山陽線糸崎-由宇間と呉線で変わりません(ダイヤ改正時点から、山陽線岩国-由宇間でも走っていたようです)。しかし、追加投入により、227系で運転される列車の割合が増えます。山陽線糸崎-広島間はこれまでの8%から19%に、広島-岩国間は13%から27%になります。呉線については、三原-広間はこれまでの17%から40%に、広-海田市間は30%から45%になります。呉線は4割以上が新車で運転されるのです。半分近い数字になるのです。

 なお、現在227系で運転されている列車が227系以外に代わる場合があり、また、利用状況に合わせて、一部列車の編成両数が変更になります。
(参考:JR西日本ホームページ http://www.westjr.co.jp/press/article/2015/06/page_7219.html)

| |

« 西武、観光電車を導入か? | Main | 「106急行」も宅配便の荷物を載せる »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 227系追加投入で呉線は4割以上が新車に:

« 西武、観光電車を導入か? | Main | 「106急行」も宅配便の荷物を載せる »