« 道南いさりび鉄道に観光列車 | Main | 東京から成田空港まで、たったの200円 »

山田線宮古-釜石間の開通は2018年度に、部分開通はせず

 JR東日本の山田線宮古-釜石間(55.4キロ)は東日本大震災以降、運休しています。

 この山田線、三陸鉄道に移管して鉄道として復旧させます。JR東日本が示した復旧スケジュール案では、2016年秋に宮古-豊間根間と鵜住居-釜石間を復旧させ、2017年度に豊間根-吉里吉里間、そして2018年度に残る吉里吉里-鵜住居間を復旧させ、全線で運行を再開させるということでした。しかし、6月12日、岩手県と沿線4市町、三陸鉄道は宮古市内で首長会議を開き、JR東日本に部分開通を繰り返すのではなく、(釜石市などでラグビー・ワールドカップが開催される前の)2018年度までに全線の一括開通を求めることにしました(状況によっては、部分開通の可能性もあるようです)。

 なぜ一括開通を求めるのでしょうか? その理由として、(1)CTCや雨量計などの整備に時間がかかり(CTCの整備に3年かかります)、安全が確保できないこと (2)安全装備が未整備なままでは1両編成しか運行できず、朝夕の通学に対応できる柔軟なダイヤを組むことができないこと (3)沿線市町のまちづくりの途中で運行しても利用者が見込めず、三陸鉄道の経営にとっても好ましくないこと などを挙げています。
(参考:朝日新聞ホームページ(会員登録要) http://digital.asahi.com/articles/CMTW1506130300001.html、岩手日報ホームページ http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20150613_4)

|

« 道南いさりび鉄道に観光列車 | Main | 東京から成田空港まで、たったの200円 »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

北海道・東北私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 山田線宮古-釜石間の開通は2018年度に、部分開通はせず:

« 道南いさりび鉄道に観光列車 | Main | 東京から成田空港まで、たったの200円 »