« 近鉄、養老鉄道を公有民営方式にしたときの試算を行う | Main | 石勝線夕張支線廃止か? »

田園都市線宮前平駅にホームドア

 東急は2020年度を目標に東横線、田園都市線、大井町線の全駅にホームドアの設置を進めていますが、田園都市線の宮前平駅にホームドアを設置します。田園都市線で初めてのホームドア設置駅となります。下りホームは10月中に、上りホームは12月中を目途に供用を開始します。

 ところが田園都市線でホームドアの設置が進まなかったのは、4ドア車と6ドア車が混在しているため。東急は45両ある6ドア車を4ドア車に置き換えることによってホームドアの設置を進めますが、それが完了していないのにホームドアを設置するのです。一時期つきみ野駅で行っていたロープによるものではなく、ちゃんとしたホームドアです。

 どうやって4ドア車と6ドア車が混在している路線でホームドアを導入できるのでしょうか? そのからくりは、ホームドアを車両から離れた場所に設置すること。ホームドアは4ドア車に対応したかたちで設置しますが、ホームドアと車両との間が離れているので、6ドア車の場合でもホームドアと車両との間を歩くことによって、4ドア車と6ドア車が混在している路線でもホームドアを導入することができるのです。そのためにはホームの幅がある程度広くなければならず、その点で比較的ホームの幅がある宮前平駅が選ばれたのです。

 もちろん、この場合、安全性に問題があります。駆け込み乗車はシャットアウトできるとはいえ、ホームドアと車両との間に人がいるのですから。ただ、何もしないよりはずっと良いです。4ドア車に統一すれば通常のホームドアにすればいいのですから。
(参考:東急ホームページ http://www.tokyu.co.jp/company/news/list/?id=2320、タウンニュース http://www.townnews.co.jp/0201/2015/10/09/303081.html)

| |

« 近鉄、養老鉄道を公有民営方式にしたときの試算を行う | Main | 石勝線夕張支線廃止か? »

鉄道」カテゴリの記事

東急」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 田園都市線宮前平駅にホームドア:

« 近鉄、養老鉄道を公有民営方式にしたときの試算を行う | Main | 石勝線夕張支線廃止か? »