« チェックイン機の外装は段ボール | Main | 平成筑豊鉄道、たった1500円で運転体験 »

道南いさりび鉄道の運賃決定

 2016年3月26日の北海道新幹線開業に伴い、並行在来線の江差線(五稜郭-木古内間、37.8キロ)は第三セクター、道南いさりび鉄道となります。10月26日のことですが、その運賃の認可申請があり、また乗継割引運賃の発表がなされました。

 道南いさりび鉄道の旅客運賃は、以前にも書いた通り、現行の1.3倍程度となります。なお、認可申請した上限運賃と実際に適用する実施運賃は同額です。

 しかし、道南いさりび鉄道だけでは完結しません。道南最大の都市、函館はJRの沿線にあり、JRと道南いさりび鉄道を乗り継がないといけないのです。当然ながら、2社を乗り継ぐと初乗り運賃が2回かかるため、それだけ割高になります。普通旅客運賃は函館-木古内間、定期旅客運賃は函館・森-木古内間が乗継割引の適用範囲です。割引は道南いさりび鉄道のほか、JR北海道も行います。普通旅客運賃の場合、JR北海道は一律50円引き、道南いさりび鉄道は10キロまでは80円引き、10キロ以上は10円引きです。この乗継割引によって、JRと道南いさりび鉄道を別々に計算すると2倍を超える区間でも、最大1.48倍に抑えられることになりました。

 具体的な区間で見ていきます。函館-木古内間の現行運賃は840円(普通旅客運賃)、26670円(大人1か月通勤定期旅客運賃)、11360円(高校生1か月通学定期旅客運賃)ですが、第三セクター移行後はそれぞれ1110円、35750円、15130円となります(乗継割引適用後のもの)。それぞれ32%、34%、33%の値上げ率です。函館-上磯間の現行運賃はそれぞれ260円、8390円、6110円ですが、第三セクター移行後はそれぞれ380円、11450円、8000円となります(乗継割引適用後のもの)。それぞれ46%、37%、31%の値上げ率です。普通旅客運賃は50%近い値上げですが、それでもバス運賃よりは安いようです。
(参考:道南いさりび鉄道ホームページ http://www.shr-isaribi.jp/news/323/、北海道新聞ホームページ http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0195005.html)

|

« チェックイン機の外装は段ボール | Main | 平成筑豊鉄道、たった1500円で運転体験 »

鉄道」カテゴリの記事

JR北海道」カテゴリの記事

北海道・東北私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 道南いさりび鉄道の運賃決定:

« チェックイン機の外装は段ボール | Main | 平成筑豊鉄道、たった1500円で運転体験 »