« 小幌駅に停まるのは2本減の6本 | Main | 北海道新幹線の収支想定 »

JR四国の輸送密度

 JR北海道は2016年3月期第2四半期決算(4~9月)において、ローカル線の営業係数等を発表しましたが、JR四国も11月5日に発表された2016年3月期中間決算において、JR四国全路線の区間別平均通過人員(輸送密度)を発表しています。

 JR四国の全路線の平均は4751人、前年に比べて5.3%増えています。一番輸送密度が高いのは、予讃線高松-多度津間の24416人、続いて本四備讃線の23571人です。輸送密度が1万人を超えるのは、この2区間だけです。反対に一番少ないのは、牟岐線牟岐-海部間の278人(この区間のみが唯一、前年に比べて減少しています。3.1%の減少です。ちなみに、同じ牟岐線でも、徳島-阿南間は5037人と高くなっています)、続いて予土線の332人、予讃線向井原-伊予大洲間(海線)の476人、牟岐線阿南-牟岐間768人、土讃線須崎-窪川間1197人です。輸送密度が2000人を下回るのは、この5区間だけです。

 また、予讃線の高松-松山間は、比較的少ない観音寺-今治間でも6022人であるのに対し(松山-内子間及び新谷-宇和島間は3303人、内子線は3929人)、土讃線の琴平-高知間は2887人、高知-須崎間は4267人と高知から先のほうが高くなっています(多度津-琴平間は5686人)。中小都市が連続している予讃線に対して、そういうものがない土讃線の山岳区間の状況がうかがえます。なお、高徳線高松-引田間は4970人、引田-徳島間は3793人、徳島線は3065人、鳴門線は2133人です。
(参考:JR四国ホームページ http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2015%2011%2005%2001.pdf)

|

« 小幌駅に停まるのは2本減の6本 | Main | 北海道新幹線の収支想定 »

鉄道」カテゴリの記事

JR四国」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JR四国の輸送密度:

« 小幌駅に停まるのは2本減の6本 | Main | 北海道新幹線の収支想定 »