« ひたちなか海浜鉄道延伸に、国が調査費 | Main | 北陸新幹線、京都経由が有力か? »

南海浜寺公園駅駅舎、1月27日で引退

 南海浜寺公園駅の駅舎は、東京駅丸の内駅舎などの設計で知られる辰野金吾博士によってつくられたもの。1907年に建て替えられ(駅の開業は1897年)、明治、大正、昭和、平成の109年にわたって使用されました。木造平屋建て、ハーフティンバー様式の美しい駅舎です。1998年には隣の諏訪ノ森駅西駅舎とともに、大手私鉄では初めて国の登録有形文化財として登録されました。

 しかし、この浜寺公園駅駅舎も、1月27日の営業終了をもって閉鎖されます。南海本線(堺市)連続立体交差事業の進捗に伴うもので、翌日の28日からは隣に建設されている仮駅舎を使うこととなります。

 なお、100年以上の伝統を誇る浜寺公園駅駅舎ですが、今後、新駅舎のエントランスなどとして保存活用される方向です。立体交差事業は2027年度に完成予定です。
(参考:南海ホームページ http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/160120.pdf、朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/articles/ASJ1N53DBJ1NPPTB006.html)

|

« ひたちなか海浜鉄道延伸に、国が調査費 | Main | 北陸新幹線、京都経由が有力か? »

鉄道」カテゴリの記事

南海・泉北」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 南海浜寺公園駅駅舎、1月27日で引退:

» 【南海電鉄】浜寺公園駅駅舎を仮駅舎に切り替え。109年に渡って利用されてきた旧駅舎は閉鎖、新駅舎のエントランスとして保存へ [阪和線の沿線から]
南海本線の堺市内区間では、現在連続立体交差事業が行われていますが、この工事により高架化される浜寺公園駅の駅舎が仮駅舎に切り替えられることとなり、明治時代より109年にわた ... [Read More]

Tracked on 2016.01.22 07:53 PM

« ひたちなか海浜鉄道延伸に、国が調査費 | Main | 北陸新幹線、京都経由が有力か? »