« 大井川鐵道の「きかんしゃトーマス号」、2016年も運行 | Main | 北陸新幹線開業によって、「しらさぎ」の利用が減った? »

湖西線で防風柵を追加整備

 関西と北陸を直結する重要な路線である、湖西線。「サンダーバード」が多数走っています。

 ところが、この湖西線の欠点は風。琵琶湖の西側を走るため、強風による輸送被害が度々生じています。米原回りで運転されることもあり、その場合は所定の時刻より遅れます。

 そこで、湖西線に防風柵を整備することが進んでいます。2008年12月には比良-近江舞子間の山側沿線、2012年2月には近江舞子-北小松間の山側沿線、合計4.2キロが整備されました。その後、2月初旬に志賀-比良間の山側沿線約2.5キロが完成します。

 さらに防風柵の追加整備がなされます。和邇-志賀間の山側沿線約3.3キロ(2016年度中の完成予定)、近江中庄-永原間の山側沿線約3.4キロ(2017年度中の完成予定)、永原-近江塩津間の山側沿線約1.2キロ(2017年度中の完成予定)の3か所です。防風柵を整備すれば、強風規制値が緩和され、運転見合わせ時間が1/3以下になると見込まれています。整備費は北陸線に整備中の2か所を合わせ、6か所で約70億円を要します。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/2015/12/page_8060.html、https://www.westjr.co.jp/press/article/2015/12/page_8062.html、日本経済新聞ホームページ http://www.nikkei.com/article/DGXLZO95227270X11C15A2LDA000/)

|

« 大井川鐵道の「きかんしゃトーマス号」、2016年も運行 | Main | 北陸新幹線開業によって、「しらさぎ」の利用が減った? »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 湖西線で防風柵を追加整備:

» さらに延伸!防風柵! #shiga #jrwest [淡海の国から on blog]
先日、自腹ではないお金で北陸方面に行かせていただきましたが、その行く途中の湖西線内で先行列車遅れによる遅延が発生して乗り換えようと思っていた北陸新幹線に乗れなか [Read More]

Tracked on 2016.01.12 09:38 PM

« 大井川鐵道の「きかんしゃトーマス号」、2016年も運行 | Main | 北陸新幹線開業によって、「しらさぎ」の利用が減った? »