« 京急のボックスシートに「相合席」 | Main | 西武、本川越駅西口開設、特急料金100円刻みに »

上越妙高の利用者は想定よりも多い?

 北陸新幹線上越妙高駅のある上越市は、開業の時点で上越妙高駅の乗降客を1日3000~3500人と想定していました。ところが、上越市が独自に調査した結果、どうやらその数字を上回っているようです。

 上越妙高駅の乗降客は開業直後の2015年3月14日~16日の3日間が1日平均4600人(JRの数字は乗車のみの人数ですから、2倍程度の開きがあります)、その後の高田城百万人観桜会の会期中の4月11、12日は6600人、お盆の8月13~16日は平均8300人、8月22、23日の謙信公祭は6300人、9月19~23日のシルバーウィークは6700人、10月24、25日の越後・謙信SAKEまつりは5500人となっています。連休やイベントがない通常のときでも、5月中旬や11月中旬に調査したところ、4000人前後と想定よりも上回っています。

 また、並行在来線のえちごトキめき鉄道の乗車人員は、2015年度の上半期で1日1.18万人とえちごトキめき鉄道の計画値を12.5%上回っています。
(参考:上越タウンジャーナル https://www.joetsutj.com/articles/93572999)

|

« 京急のボックスシートに「相合席」 | Main | 西武、本川越駅西口開設、特急料金100円刻みに »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

関東・甲信越私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 上越妙高の利用者は想定よりも多い?:

« 京急のボックスシートに「相合席」 | Main | 西武、本川越駅西口開設、特急料金100円刻みに »