« 屋久島トロッコは2018年4月開業か? | Main | 「東京・大阪『北陸アーチパス』」に「立山黒部オプション券」 »

H5系が北海道を走るのは1日4本だけ

 3月26日に開業する北海道新幹線は仙台、盛岡、新青森発着のものも含めて1日13往復走ります。

 北海道新幹線で使われる車両はJR東日本のE5系とJR北海道のH5系。外観は側面のラインの色がピンクと紫であるほかは、ほとんど変わりはありません。このE5系とH5系ですが、運用は分けられます。

 それでは、H5系の車両が北海道を走るのはどれぐらいなのでしょうか? 答えは1日4本、結構少ないのです(このほか、東北新幹線内だけを運行するものが3本あります)。もともとH5系は4編成しかなく(E5系は28編成)、しかも使うのは2編成だけなのです。残る2編成は何をするのかといえば、青函トンネルなどで事故が起きたときの救援用として運行したり、整備点検するためのもので、通常は函館新幹線総合車両所で待機しています。E5系に比べて稼働する割合は低そうです。なお、北海道新幹線は繁忙期に臨時列車も走りますが、いずれもE5系が使われます。

 それでは、H5系の運用について紹介します。稼働する2編成のうちひとつは、「はやぶさ10号」(新函館北斗6:35発東京11:04着)→「はやぶさ17号」(東京11:20発新青森14:43着)→「はやぶさ32号」(新青森17:44発東京21:04着)→「やまびこ223号」(東京21:44発仙台23:47着)と運用されます。もうひとつは、「はやぶさ95号」(仙台6:40発新函館北斗10:07着)→函館新幹線総合車両所→「はやぶさ22号」(新函館北斗12:44発東京17:04着)→「はやぶさ29号」(東京17:20発新函館北斗21:48着)と運用されます。

 話は変わりますが、北海道新幹線が開業する3月26日に限り、「はこだてライナー」を増発します。函館6:01発新函館北斗6:23着の「はこだてライナー」の前に、函館5:44発新函館北斗6:07着の臨時「はこだてライナー」を増発します。733系3両編成で、各駅に停まります。函館6:01発の「はこだてライナー」でも始発の新幹線、「はやぶさ10号」(新函館北斗6:35発)に間に合いますが、開業初日の始発は混み合うでしょうから、増発便に乗れば余裕をもって始発の新幹線に乗ることができます。
(参考:北海道新聞ホームページ http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0236506.html、JR北海道ホームページ http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160219-6.pdf)

|

« 屋久島トロッコは2018年4月開業か? | Main | 「東京・大阪『北陸アーチパス』」に「立山黒部オプション券」 »

鉄道」カテゴリの記事

JR北海道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference H5系が北海道を走るのは1日4本だけ:

« 屋久島トロッコは2018年4月開業か? | Main | 「東京・大阪『北陸アーチパス』」に「立山黒部オプション券」 »