« 東武のSL運行はJR各社からの協力、500系は会津田島乗り入れへ | Main | JR九州、「ぐるっと九州きっぷ」発売 »

鈴蘭台、2018年に橋上駅舎化

 神戸電鉄の鈴蘭台は、有馬線と粟生線が分岐する主要駅。東改札口、西改札口、南改札口の3か所に分かれています。ところが現在、ホーム上に橋上駅舎をつくることになりました。2018年夏ごろに供用開始です。東改札口、西改札口は新しい橋上駅舎に統合されます。各ホームから駅舎へは階段のほか、エレベータ、エスカレータも1基ずつ新設されます。駅の外から駅舎には、北東側からは階段、南西側(現在の西改札口付近)からはエスカレータが用意されます。なお、南改札口は橋上駅舎供用開始後も、引き続き使用できます。

 また、鈴蘭台の駅周辺では、交通安全の確保と、北区の玄関口にふさわしい賑わいづくりを図るため、再開発事業を進めています。7階建ての再開発ビルもつくられますが、新しい橋上駅舎から再開発ビルの3階に直接接続します。再開発ビルも2018年夏ごろに完成します。

(追記)
 鈴蘭台の橋上駅舎は2018年9月25日から供用を開始します。
(参考:神戸電鉄ホームページ http://www.shintetsu.co.jp/release/2015/160129.pdf、http://www.shintetsu.co.jp/release/2018/180828.pdf、マイナビニュース http://news.mynavi.jp/news/2016/02/01/221/)

|

« 東武のSL運行はJR各社からの協力、500系は会津田島乗り入れへ | Main | JR九州、「ぐるっと九州きっぷ」発売 »

鉄道」カテゴリの記事

関西私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鈴蘭台、2018年に橋上駅舎化:

« 東武のSL運行はJR各社からの協力、500系は会津田島乗り入れへ | Main | JR九州、「ぐるっと九州きっぷ」発売 »