« 臨海副都心のBRTは車内で運賃収受せず | Main | 「オホーツク」、「サロベツ」見直しか? »

静岡-丘珠間にジェット機

 札幌には、国内や海外の主要都市と結んでいる新千歳のほか、丘珠という空港があります。札幌市中心部の北東約6キロにあり、道内便を中心とした空港となっています。札幌市中心部からバスが走っているほか、最寄りの地下鉄東豊線栄町駅からバスでたったの5分です。

 この丘珠に、6月4日から10月29日の間、週2日(火、土)、フジドリームエアラインズが乗り入れます(冬季は運休します)。76~84人乗りの小型ジェット機を使います。フジドリームエアラインズは2013年から小牧-丘珠間で小型ジェット機によるチャーター便を運行し、ノウハウを身につけてきました。そして満を持して静岡-丘珠間に定期便を運航することになったのです。丘珠にとっては、三沢に次いで2つ目の道外便で、ジェット機が乗り入れるのは初めてです。ダイヤは静岡11:30発丘珠13:15着、丘珠13:45発静岡15:35着で、65%の搭乗率を想定しています。この静岡-丘珠線は、週5日(月、水、木、金、日)運航している静岡-新千歳線を補完するものとなります(予約変更が可能な航空券ならば、新千歳と丘珠の間で乗降地を自由に変更することができます)。新千歳は訪日観光客の急増により国際線が増加し、好調(2015年度の静岡-新千歳線の平均搭乗率は73.3%でした)で増便したくても発着枠が足りないのです。

 普通運賃は静岡-新千歳線と同じ36000円~43000円ですが、6月4日から28日の間、就航記念特別価格として「45割」を、片道6400円とします。

(追記)
 2016年6月に就航した静岡-丘珠線ですが、搭乗率が想定通りの約70%だったため、2017年3月の夏ダイヤから、これまで週5便だった静岡-新千歳間と統合して丘珠発着に統一されます。
(参考:フジドリームエアラインズホームページ http://www.fujidream.co.jp/press-web/160411/index.html、日本経済新聞ホームページ http://www.nikkei.com/article/DGXLZO99517660R10C16A4L61000/、産経ニュース http://www.sankei.com/region/news/160412/rgn1604120061-n1.html、北海道新聞ホームページ http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0258019.html、静岡新聞ホームページ http://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/airport/228799.html、http://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/308447.html)

| |

« 臨海副都心のBRTは車内で運賃収受せず | Main | 「オホーツク」、「サロベツ」見直しか? »

飛行機、空港」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 静岡-丘珠間にジェット機:

« 臨海副都心のBRTは車内で運賃収受せず | Main | 「オホーツク」、「サロベツ」見直しか? »