« 北海道新幹線、札幌駅ホーム案はどれも不可? | Main | JR北海道、285系を使用せず廃車か? »

大井川鐵道で硬券復活、「きかんしゃトーマス」に新キャラクター

 SLが走る昔懐かしい光景の大井川鐵道。それにふさわしい切符が大井川鐵道の創立記念日である、3月10日から再発売されています。

 それは硬券。JR線との連絡切符です。正式名は、「連絡常備片道乗車券」といいます。2014年4月に廃止されて以来、ほぼ2年ぶりの復活です。発売するのは新金谷、家山、千頭の3駅で、行先は島田と東京都区内の2つのみです(家山は島田までのみ)。家山は7:20~15:50、新金谷と千頭は始発から最終まで発売します。5種類の硬券は窓口での発売のみで、通信販売は行いません。自動改札は利用できず、有人の改札を利用することになります。特急券は含まれていないので、新幹線に乗車する際には、別途特急券を購入する必要があります。5種類の硬券のうち、新金谷-島田間は大人でも340円なので、気軽に買えます。

 そして、2016年も走る、「きかんしゃトーマス」。以前に予告した通り、新しいキャラクターが加わります。それはバス、「バスのバーティー」です。「きかんしゃトーマス」の世界では、「バスのバーティー」は「トーマス」と仲良しで、「トーマス」の支線のそばの道路を走っている赤色のバスです。客を駅まで運ぶのが仕事です。大井川鐵道においては、6月~7月に登場する予定です(営業運転は7月から開始する予定です)。新金谷駅前-千頭駅前間を、大井川沿いの道路を走る予定です。乗車定員は1便あたり16人で、抽選申込方式で実施予定です。
(参考:大井川鐵道ホームページ http://oigawa-railway.co.jp/archives/2356、http://oigawa-railway.co.jp/archives/2520、乗りものニュース http://trafficnews.jp/post/49309/)

| |

« 北海道新幹線、札幌駅ホーム案はどれも不可? | Main | JR北海道、285系を使用せず廃車か? »

鉄道」カテゴリの記事

東海・北陸私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大井川鐵道で硬券復活、「きかんしゃトーマス」に新キャラクター:

« 北海道新幹線、札幌駅ホーム案はどれも不可? | Main | JR北海道、285系を使用せず廃車か? »