« 北陸新幹線の終着駅は新大阪、京都-新大阪間には2ルート | Main | 三重交通、京都-伊賀間、津-伊勢間に高速バス »

マレー鉄道のシンガポール乗り入れ、2015年6月で終了していた

 タイのバンコクからシンガポールに至るマレー鉄道。2015年6月末のことですが、マレーシア方面からの列車のシンガポール乗り入れが中止されました。マレーシアのジョホールバル・セントラルが始発駅及び終着駅となります。

 それでは、2015年7月1日以降のマレーシアとシンガポールの間の鉄道はどうなるのかといえば、シャトル電車が運行されています。マレーシアのジョホールバル・セントラルとシンガポールのウッドランド(かつてのシンガポール駅は2011年に廃止され、ウッドランドまでに短縮されています。ウッドランドはシンガポールの北にあるようで、都心へはほかの交通機関に乗り換えないといけません)とを結ぶ「Shuttle Teburau」で、増発と所要時間の短縮がなされています。通勤や通学を考慮し、これまでの1日4本、約20分から1日7本、5分となっています。

 運賃はジョホールバル発が5リンギット(約135円)、ウッドランド発が5シンガポールドル(約395円)です。
(参考:トラベルボイスホームページ http://www.travelvoice.jp/20150716-46877)

|

« 北陸新幹線の終着駅は新大阪、京都-新大阪間には2ルート | Main | 三重交通、京都-伊賀間、津-伊勢間に高速バス »

鉄道」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マレー鉄道のシンガポール乗り入れ、2015年6月で終了していた:

« 北陸新幹線の終着駅は新大阪、京都-新大阪間には2ルート | Main | 三重交通、京都-伊賀間、津-伊勢間に高速バス »