« 東淀川駅改良により、駅周辺の「開かずの踏切」を廃止 | Main | 横浜-羽田-水道橋間舟運社会実験に新船 »

「TRAIN SUITE 四季島」、2017年5月1日運行開始

 JR東日本の豪華寝台列車、「TRAIN SUITE 四季島」。これまで2017年春とされていた運行開始日が決まりました。2017年5月1日です。

 2017年5月と6月の運転日も決まっています。3泊4日コースは2か月間に7回、1泊2日コースは2か月間に6回運転します。2017年7月以降の運行日程はまだ決まっていません。3泊4日コースは全て月曜日出発、1泊2日コースは全て土曜日出発です。現時点でのコースの詳細も決まっています。

 それではコースの詳細を説明しましょう。3泊4日コースは、1日目の11:40ごろに上野を出発し、車内で昼食を食べ、14:10ごろに日光に着きます。日光を観光したのち、17:00ごろに日光を出て、車内での夕食を経て、車中泊です。そのまま青函トンネルも通り、函館には2日目の6:20ごろ着きます。朝食は車外で摂り、函館観光をしてから12:20ごろ函館を出発します。昼食は車内で、そしてニセコエリアに宿泊する人は15:20ごろ着の伊達紋別で、登別エリアに宿泊する人は16:10ごろ着の登別で降ります。2日目の宿は厳選された温泉旅館です(1泊2食)。3日目の乗車は登別エリアは東室蘭(10:00ごろ発)から、ニセコエリアは洞爺(11:00ごろ発)からです。昼食は車内で、新函館北斗には13:20ごろ着きます。ここから2コースに分かれ、「縄文コース」はそのまま「TRAIN SUITE 四季島」に乗り、青森に16:40ごろ着きます。青森観光をし、夕食も車外です。もうひとつの「五能線コース」は北海道新幹線に乗り、新青森からはバスで五所川原へ。16:50ごろ発の五所川原から貸し切りの「リゾートしらかみ」に乗り、車内で夕食を食べます。弘前には21:30ごろ着きます。3泊目は車中泊です。4日目早朝の観光は2コースから選択します。鶴岡(5:20ごろ着)で下車して加茂水族館でクラゲを観賞するか、あつみ温泉(6:00ごろ着)でゆったり朝風呂に入るかです。車内に残ることもできます。朝食は再び動き出した車内で摂り、新津には9:30ごろ着きます。燕観光を経て、12:30ごろ発の東三条から最後の乗車になります。最後の昼食を車内で摂り、上野には17:20ごろ着きます。

 1泊2日コースは、1日目の9:20ごろに上野を出発し、塩山に11:50ごろ着きます。山梨観光と昼食をしてから、16:30ごろ塩山を出発します。夕食は車内で、姨捨には20:40ごろ着きます。姨捨では新たに設置する夜景バーを楽しみ、21:30ごろ出発します。会津若松には2日目の7:30ごろ着きます。朝食は車外で摂り、会津観光をしてから11:20ごろ会津若松を出発します。最後の昼食を車内で摂り、上野には16:20ごろ着きます。

 「TRAIN SUITE 四季島」の旅は全て旅行商品として発売します。3泊4日コース、1泊2日コース各1回ずつを除いて、JR東日本グループのびゅうトラベルサービスが販売します。値段は2人1室利用の1人当たりのもので、3泊4日の「スイート」が75~77万円(宿泊する宿により変わります)、「デラックススイート」(フラットタイプ)が90万円、「四季島スイート」(メゾネットタイプ)が95万円、1泊2日の「スイート」が32万円、「デラックススイート」が40万円、「四季島スイート」が45万円です。「ななつ星in九州」もびっくりの値段です。なお、3泊4日コースで「縄文コース」を選択すると1万円引きとなります。「スイート」は1人でも利用できるようです。
(参考:JR東日本ホームページ http://www.jreast.co.jp/press/2016/20160502.pdf)

|

« 東淀川駅改良により、駅周辺の「開かずの踏切」を廃止 | Main | 横浜-羽田-水道橋間舟運社会実験に新船 »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「TRAIN SUITE 四季島」、2017年5月1日運行開始:

» 【JR東日本】「TRAIN SUITE 四季島」の運行開始日・運行ルートを発表(2017.5.1運行開始) [阪和線の沿線から]
既にこちらのエントリーでもご紹介したように、JR東日本ではクルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」(以下、「四季島」)を導入することとしていますが、このたびこの「四季島」の運 ... [Read More]

Tracked on 2016.05.14 01:32 PM

« 東淀川駅改良により、駅周辺の「開かずの踏切」を廃止 | Main | 横浜-羽田-水道橋間舟運社会実験に新船 »