« 向谷氏考案のホームドア、JR九州が採用 | Main | 京成上野駅、リニューアルへ »

鞍馬寺のケーブルカー、200円に値上げ

 日本唯一の宗教法人経営の鉄道、鞍馬寺のケーブルカー。改修工事を行っていましたが、5月20日から1年ぶりに運行を再開しました。

 改修工事により駅、車両などがリニューアルされました。駅の乗車口と降車口が分けられ、車両も新しいのになっています。駅には食券タイプの自動券売機も置かれています(乗車の際にその自動券売機から出た「寄進票」は回収され、代わりに花びらの形をした「記念札散華」をもらいます)。以前は軌道のそばに集電用の架線が設置されていましたが、撤去されました(代わりにその位置には保守用の階段が整備されています)。車両で使う電気は駅で充電します。

 ここ鞍馬寺のケーブルカーには運賃というものがありません。法律上はともかく、鞍馬寺では山内の堂舎維持への寄進として大人200円、子供100円を求め、そのお礼としてケーブルに乗ることができるのです。改修前は大人100円だったので、改修とともに値上げ(?)されたようです。
(参考:鞍馬寺ホームページ http://www.kuramadera.or.jp/nyuzan.html、「編集長敬白」 http://rail.hobidas.com/blog/natori/archives/2016/06/1_23.html、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2016/05/20/275482.html)

|

« 向谷氏考案のホームドア、JR九州が採用 | Main | 京成上野駅、リニューアルへ »

鉄道」カテゴリの記事

関西私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鞍馬寺のケーブルカー、200円に値上げ:

« 向谷氏考案のホームドア、JR九州が採用 | Main | 京成上野駅、リニューアルへ »