« 福島交通、旧東急1000系を導入 | Main | 飯館村にバス停 »

京阪5扉電車の座席昇降実演観覧会

 通勤ラッシュに対応する方法として、車両の扉を増やすという方法があります。通勤電車の扉は3扉か4扉が一般的ですが、京阪の5000系は5扉。ラッシュ時には5扉をすべて使い、スムーズな乗降ができます。しかも、ラッシュ以外の時間帯では2扉を締め切りにし、3扉の車両として使います。御丁寧なことに、使用しない2扉については格納されていた座席を出して座ることができるようにしています。

 その5000系は1970年のデビューから45年を迎えています。それを記念して、8月28日、中之島駅3番線において、「5000系座席昇降実演観覧会」を行います。14:00、14:30、15:00、15:30の4回(それぞれの回において2回程度)、座席の昇降を行います。ホーム及び車内から見ることができますが、車内から座席昇降の実演を見るには、「5000系座席昇降実現観覧会整理券(車内用)」(この整理券を手に入れるには当日28日に中之島駅で開催するオリジナルグッズ販売会で指定されたものを買う必要があります)が必要となります。5000系は12:47から16:12の間、3番線に居続けますが、「5000系座席昇降実演観覧会」開催中は「5000系座席昇降実現観覧会整理券(車内用)」がないと車内に入ることができません。最後、中之島16:12発区間急行萱島行きとして、5扉のままで運転します。本来なら5扉で運転するのはラッシュ時だけです。

 このほか、クイズラリー、石山坂本線の700形に(1997年の京都市営地下鉄東西線の開業により廃車となった)大津線の80型の塗装を施して走ることなどを行います。
(参考:京阪ホームページ https://www.keihan.co.jp/info/upload/2016-08-16_5000-80.pdf)

| |

« 福島交通、旧東急1000系を導入 | Main | 飯館村にバス停 »

鉄道」カテゴリの記事

京阪」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 京阪5扉電車の座席昇降実演観覧会:

» 【京阪電鉄】5000系誕生45年・80型誕生55年の記念イベントを開催(H28.8.28〜)5000系座席昇降実演や80型塗装の700形運転など [阪和線の沿線から]
京阪電鉄では、京阪線を走行する5000系の誕生45年、また、かつて大津線を走行していた80型の誕生55年を記念したイベントを開催することを発表しました。 5000系が誕生45年、8 ...... [Read More]

Tracked on 2016.08.23 11:34 PM

» 京阪、5000系誕生45年、80型誕生55年記念イベント開催 [kqtrain.net(京浜急行)]
 5000系が誕生45年、80型が誕生55年を迎えます 平成28年8月28日(日)から記念イベントを開催 (PDF 551KB)|最新情報 | 京阪 | 京阪電気鉄道株式会社 [Read More]

Tracked on 2016.08.28 09:23 PM

« 福島交通、旧東急1000系を導入 | Main | 飯館村にバス停 »