« 仙台と小松を結ぶ航空機の搭乗客数、大きく減少 | Main | 北九州市にBRT? »

若松など筑豊線7駅も無人化へ

 「DENCHA」がデビューする筑豊線ですが、こういう話もあります。無人駅を増やそうとしているのです。

 無人化されるのは2017年3月のダイヤ改正時。若松-直方間には13駅ありますが、すでに4駅が無人駅です。そして、2017年3月に若松、奥洞海、二島、本城、中間、鞍手、新入の7駅が無人化されます。いずれも中間駅に配置されるオペレーターが遠隔管理するもので、香椎線ですでに導入されている「スマートサポートステーション」と同様、24時間態勢で遠隔管理できます。これら7駅が無人化されれば、若松-直方間の有人駅は折尾、直方のみとなります。

 若松などが無人化される北九州市は、安全性や利便性の観点から無人化に反対していますが、赤字の鉄道事業の合理化を進めたいJR九州としては、無人化を推し進めたいところでしょう。無人化を回避したければ、地元自治体が駅員設置のコストを負担するしかありません。ただ、今回無人化される7駅の中には、「みどりの窓口」が設置されている駅があります。若松、中間がそうなのですが、これらの駅については何らかの切符発売サービスがいるかもしれません。それがなければJR東海の武豊線同様、「みどりの窓口」設置駅から無人駅に一気に格下げです。

(追記)
 2017年3月4日のダイヤ改正時から若松-直方間の各駅(折尾、直方を除きます)は無人駅になりますが、若松と中間については、朝6:30~8:30に限り駅員が配置され、その時間は「みどりの窓口」も営業します。
(参考:YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/local/fukuoka/news/20160910-OYTNT50251.html、JR九州ホームぺージ http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2017/02/03/20170203tikuhouhonsensss.pdf)

|

« 仙台と小松を結ぶ航空機の搭乗客数、大きく減少 | Main | 北九州市にBRT? »

鉄道」カテゴリの記事

JR九州」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 若松など筑豊線7駅も無人化へ:

« 仙台と小松を結ぶ航空機の搭乗客数、大きく減少 | Main | 北九州市にBRT? »