« JR北海道、根室線東鹿越-新得間を復旧させず | Main | ダブル連結トラックを利用した実験 »

JR西日本、フリーゲージトレインの山陽新幹線乗り入れと北陸新幹線学研都市経由に否定的

 一時期は「リレー方式」で対応するものの、長崎新幹線はフリーゲージトレインを導入することが前提の新幹線です。もっとも、フリーゲージトレインを導入してもこのblogを御覧の人ならば、長崎新幹線フリーゲージトレインは「かもめ」を置き換えるだけで、博多と長崎を結ぶものでしかありません。

 ところが、今なお沿線関係者からはフリーゲージトレインの山陽新幹線乗り入れを望む声があります。これに対して来島JR西日本社長は21日の記者会見で、フリーゲージトレインの山陽新幹線乗り入れについて否定的な発言をしました。フリーゲージトレインは最高速度が時速260キロまで出ませんが、山陽新幹線は300キロだからです。この差があるから無理なのです。

 改めてフリーゲージトレインの山陽新幹線乗り入れに否定的な発言が出ました。フリーゲージトレインの長崎新幹線導入はこれを踏まえて考える必要があるでしょう。すなわち、フリーゲージトレインは博多-長崎間だけの、「かもめ」を置き換えるだけの存在なのです。

 話は変わりまして、北陸新幹線。同じ21日の記者会見で、来島JR西日本社長は、京都府が求めている京都-新大阪間の学研都市経由について否定的な発言を行いました。JR西日本の提案している箕面市経由とは異なり、採算性が悪いのですから、否定的な発言をされるのは仕方がないことでしょう。ほかのルート案に重大な欠陥がある以上(「米原ルート」は新大阪に直通できない、「舞鶴ルート」は遠回りで採算が取れない)、JR西日本の案を基に北陸新幹線のルートを決定するのが望ましいと言えます。「小浜-京都ルート」では新幹線で行くことができない名古屋方面も敦賀から「しらさぎ」を存続させる意向ですので、ある程度カバーされます。

(追記)
 「しらさぎ」の高速化のため、大垣-米原間で軌道強化を行うなどの構想があるようです。
(参考:日本経済新聞ホームぺージ http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF21H1E_R21C16A1PP8000/、京都新聞ホームぺージ http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20161122000054、北國新聞ホームぺージ http://www.hokkoku.co.jp/_syasetu/syasetu.htm、福井新聞ホームぺージ http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/62667)

|

« JR北海道、根室線東鹿越-新得間を復旧させず | Main | ダブル連結トラックを利用した実験 »

鉄道」カテゴリの記事

整備新幹線」カテゴリの記事

Comments

長崎新幹線は全線フルでやって貰いたいですね、その方が関西からの利便性も上がりますから

Posted by: ひろ | 2016.11.24 01:21 AM

 ひろさん、おはようございます。

* 長崎新幹線は全線フルでやって貰いたいですね、

 理想は全線フル規格です。フル規格かミニ新幹線でないと関西への直通はできません。

Posted by: たべちゃん | 2016.11.24 06:11 AM

長崎新幹線は全線フル規格の方がすっきりすると思います。

リレー方式からフリーゲージに変えても多額の費用がかかる割には短縮は「できて」数分ですから。

競争力や費用対効果、山陽新幹線乗り入れを考えるとフリーゲージには問題がありすぎると思います。

Posted by: Soleil | 2016.11.25 11:32 PM

  Soleilさん、おはようございます。

* 長崎新幹線は全線フル規格の方が

 長崎線にそれなりの需要があることを考えると、素直にフル規格新幹線にするのが望ましいでしょう。

Posted by: たべちゃん | 2016.11.26 08:09 AM

佐賀県はフリーゲージトレインにこだわるのは
もうやめた方がいいのではないかと思います。

フリーゲージトレインにこだわるのは通過点を恐れているのが実は一番なのではないかと思うのです。

維持管理費のかかるフリーゲージトレインは開業後が大変だと思います。これは結局JR九州の首を絞めてしまいそうで心配です。だから、JR西日本の気持ちも良く分かります。技術の世界は甘くないのは鉄道会社が一番知っている事ですから・・・。


長崎に新幹線を作るなら安全で競争力のある規格にしないと意味がないと思うのです。他の地域と違い、九州ではもう高速道路が発達しているのです。

佐賀県はフル規格を受け入れていいと思います。熊本県が行ったように関西方面に向けたPRをすれば風向きは変わるだろうに、とも思えるのです。
(努力の結果熊本は通過点にはならず、関西方面からの利用客の誘致に成功しています。)

今度は佐賀県の番だと思うのですが・・・。

Posted by: あかり | 2016.11.30 09:35 PM

 あかりさん、こんばんは。

* 佐賀県はフリーゲージトレインにこだわるのは

 フリーゲージトレインにしても「かもめ」を置き換えるだけの存在で、関西方面からの直通は期待できません。

* 長崎に新幹線を作るなら安全で競争力のある規格にしないと

 長崎新幹線はフル規格にするだけの価値がある路線です。フル規格の長崎新幹線で、関西方面からの客をたくさん呼びたいところです。

Posted by: たべちゃん | 2016.11.30 10:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JR西日本、フリーゲージトレインの山陽新幹線乗り入れと北陸新幹線学研都市経由に否定的:

« JR北海道、根室線東鹿越-新得間を復旧させず | Main | ダブル連結トラックを利用した実験 »