« 福岡市交通局、「おとなりきっぷ」「エコちかきっぷ」等廃止 | Main | 石北線上川発の始発、積雪のため発車時刻繰り下げ »

北海道新幹線、青函トンネルで時速160キロ運転か?

 北海道新幹線のうち、青函トンネル等、新幹線と在来線が共用している区間(約82キロ)は、最高速度が在来線並みの時速140キロに制限されています。貨物列車とすれ違うときの風圧による荷崩れや、地震のときの脱線や転覆を防ぐためです。とても新幹線とは思えない遅さです。東京-新函館北斗間で4時間を切ることができない原因の一つになっています。

 そこで出てきたのが、青函トンネル内に限り、最高速度を160キロに上げる案。なぜ青函トンネルに限ったのかと言えば、青函トンネル内は地震の影響が少ないからです。よくわからない話ですが。ただ、この程度の速度上昇ならば、JR貨物と調整して、すれ違いをしない時間帯をつくる必要もなくできるのです(この方法については、青函トンネル内で安定走行のためにレールを磨く作業に時間がかかるため、予定より高速化が遅れることになりました)。半年ぐらいの調査でスピードアップさせるかどうかを判断することができ、早ければ2018年3月のダイヤ改正で東京-新函館北斗間を3時間台で結ぶことができるようです。

 在来線でも北陸新幹線金沢開業前の北越急行や京成「スカイライナー」で時速160キロ運転の実績がありますので、問題がなければ共用区間でのスピードアップは積極的に進めたいところです。ただ、それだけでは不十分です。東北・北海道新幹線では時速320キロ運転をしていますが、盛岡以北の整備新幹線区間では時速260キロしか出せません。整備新幹線が計画された45年ほど前の理想的なスピードで計画されているので、今となっては遅くなっています。距離のある東北・北海道新幹線では、盛岡以北を時速260キロでチンタラ走っている余裕はありません。ここをスピードアップさせることから逃げてはいけないでしょう。
(参考:Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161124-00010001-doshin-hok)

| |

« 福岡市交通局、「おとなりきっぷ」「エコちかきっぷ」等廃止 | Main | 石北線上川発の始発、積雪のため発車時刻繰り下げ »

鉄道」カテゴリの記事

JR北海道」カテゴリの記事

Comments

確かに北陸や九州とは違い,東北北海道は320km/hの運転が望ましいと思います.ただし,貸付料があがることを考えれば,320km/hへの引き上げは札幌まで開業したときになると思います.札幌まで開業してからは貸付料が上がってでも高速化すれば,多大なメリットがあると思いますが,新函館北斗までではJRとしてもそこまでのメリットがあるとは考えていないのでしょう.
また,貨物新幹線も札幌延伸までにできたらいいと考えていると思います.
ただしJR北海道は現状を考えると貸付料が上がる320km/h運転は難しいかもしれませんが, 少なくともJR東日本区間の盛岡-新青森は札幌延伸の時には,320km/hに引き上げられると思います.

Posted by: 84axgd86dm70 | 2016.11.27 12:25 PM

 84axgd86dm70 さん、こんにちは。

* 新函館北斗までではJRとしてもそこまでのメリットがあるとは考えていないのでしょう.

 函館までなら少々のスピードアップで何とかなりますが、札幌まで伸びれば時速260キロでは遅すぎるでしょう。

* ただしJR北海道は現状を考えると貸付料が上がる320km/h運転は難しいかもしれませんが,

 とは言っても貸付料は受益の範囲内なので、高速走行できるようにしておいたほうが望ましいです。

Posted by: たべちゃん | 2016.11.27 02:06 PM

320km/h運転は札幌延伸の時には必須であり,JR北海道区間の新青森-札幌はJR北海道救済のために速度を上げても貸付料は少し上げる程度にするのもありかもしれません.
260km/hでは5時間かかってしまい,飛行機と全く勝負になりませんが,320km/hだと4時間30分程度になるので航空機有利であったとしても新幹線もある程度勝負できるくらいにはなると思います.
東北-札幌はほぼ新幹線が独占になるでしょう.
また,東京-札幌に関しては需要も大きいので新幹線のシェアが20~30%しか取れなかったとしても,それだけでもかなりの乗客数がみこまれるでしょう.

Posted by: 84axgd86dm70 | 2016.11.27 03:58 PM

 84axgd86dm70さん、こんばんは。

* JR北海道区間の新青森-札幌はJR北海道救済のために速度を上げても貸付料は少し上げる程度にするのもありかもしれません.

 新函館北斗開業のときでもJR東日本が貸付料の負担をした実績がありますから、札幌開業や高速化でもJR東日本に負担させることはあり得ます。JR東日本も札幌まで乗ってくれると得ですから、悪い話ではありません。

* 4時間30分程度になるので航空機有利であったとしても

 それぐらいでも埼玉県など北部なら勝負できます。しかもパイは大きいですから、2~3割でもそれなりのものになります。

Posted by: たべちゃん | 2016.11.27 06:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北海道新幹線、青函トンネルで時速160キロ運転か?:

« 福岡市交通局、「おとなりきっぷ」「エコちかきっぷ」等廃止 | Main | 石北線上川発の始発、積雪のため発車時刻繰り下げ »