« お賽銭も電子マネー | Main | 北陸鉄道、休前日の終列車後に臨時運行 »

道南いさりび鉄道に「夜景列車」

 今日までの話なので、来年以降も行われたときの参考にしかなりませんが、開業ブームもあり、JR時代とほぼ同じ利用客数(1日平均2000人)を維持している道南いさりび鉄道に関して、備忘録として書きます。

 12月2日、9日、16日、23日、24日の5日間、それも函館17:43発の木古内行きだけですが、一部区間において、2両目を暗くして夜景を楽しむことができる「夜景列車」を運行しました。

 「夜景列車」となる区間は上磯を出て、札苅までの間。18:08から18:44の間でした。1両目は通常通り蛍光灯の明るさのままですが、2両目を減灯させ、電球だけとなりました。風光明媚な区間として知られるこの区間の車窓からは函館の夜景、津軽海峡に浮かぶ漁火や船の灯りなどを楽しむことができたのです。車内には季節感を感じるクリスマスの装飾が施されました。

 ちなみに車両は特に決まったわけではなく、いろいろ使われたようです。また、乗車には特別料金は必要なく、運賃だけで乗車できました(自由席)。2両目は明かりがつかないことから、トイレも使えなかったようです。
(参考:道南いさりび鉄道ホームぺージ http://www.shr-isaribi.jp/info/1903/、マイナビニュース http://news.mynavi.jp/news/2016/11/29/258/、北海道新聞ホームぺージ http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0316292.html)

|

« お賽銭も電子マネー | Main | 北陸鉄道、休前日の終列車後に臨時運行 »

鉄道」カテゴリの記事

北海道・東北私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 道南いさりび鉄道に「夜景列車」:

« お賽銭も電子マネー | Main | 北陸鉄道、休前日の終列車後に臨時運行 »