« 我孫子の弥生軒、新津田沼に進出 | Main | 木曽福島-伊那市-仙流荘間にバスを運行していた »

「流氷ノロッコ号」の後継はキハ54ラッピング車

 釧網線の冬の観光列車、「流氷ノロッコ号」は昨シーズン限りで運行を終了しました。その代替車両について考えられてきましたが、キハ54のラッピング車両で対応することになりました。「流氷物語号」です。

 「流氷物語号」は2両で構成されます。1両はオホーツク海の青などをイメージした「オホーツクブルー」車両、もうひとつは流氷をイメージした「白」車両です。「オホーツクブルー」車両には流氷をイメージした白を使って、知床連山とエゾスカシユリを描きます。「白」車両にはオホーツクブルーを使って流氷とクリオネを描きます。これらの車両は「流氷物語号」の運転期間以外は定期列車に使用します。また、運用の都合によりラッピングをしていない車両が使われることもあります。

 「流氷物語号」の運転期間は2017年1月28日から2月28日まで、網走-知床斜里間を1日2往復します。網走10:56発、13:40発と、知床斜里9:20発、12:10発です。途中、北浜、浜小清水、止別に停まりますが、下り(知床斜里行き)は2本とも北浜に10分ほど停まり、上り(網走行き)は2本とも浜小清水に20分ほど停まります。オホーツク海に一番近い北浜では駅の展望台からオホーツク海や知床連山を眺めることができ、浜小清水では駅に隣接する道の駅で買い物をすることができます。2往復とも全車自由席の2両編成で、ヘッドマークやサボが表示されます。当然ながら流氷をイメージしたものです。
(参考:JR北海道ホームページ http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160915-1.pdf、http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/161021-1.pdf)

| |

« 我孫子の弥生軒、新津田沼に進出 | Main | 木曽福島-伊那市-仙流荘間にバスを運行していた »

鉄道」カテゴリの記事

JR北海道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「流氷ノロッコ号」の後継はキハ54ラッピング車:

» 【JR北海道】釧網線で「流氷物語号」の運転を発表。「流氷ノロッコ号」の後継として運行 [阪和線の沿線から]
8月下旬からの台風により甚大な被害を受けており、各所で運休箇所が発生しているJR北海道ですが、その中でも前向きなニュースが発表されているので、取り上げたいと思います。 釧 ... [Read More]

Tracked on 2016.12.13 11:58 PM

« 我孫子の弥生軒、新津田沼に進出 | Main | 木曽福島-伊那市-仙流荘間にバスを運行していた »