« ニタマにも部下 | Main | 宇都宮のLRT、2016年度の着工先送りへ »

旧増毛駅舎、映画の時代に復元へ

 2016年12月に惜しまれつつ廃止された、留萌線留萌-増毛間。増毛は高倉健の映画「駅 STATION」の舞台にもなったところです。増毛まで行った人は駅舎も見たことでしょうが、あれは映画のときの駅舎ではありません。

 というのも、増毛の駅舎は1921年の開業時に建てられましたが、映画が公開されて3年後の1984年に駅が無人化されたため、ホーム側の半分が撤去されてしまったのです。

 ところが増毛町は、観光資源とするために、その半分になった駅舎を復元して、映画が撮影されたころの状態に戻すことを考えています。増毛町は廃止のときにJR北海道から駅周辺の整備を支援するという名目で1.3億円もらったので、それを使うのでしょう。廃止直前(2016年4月~9月)は増毛町を訪れた観光客が約26万人と前年同期比で2割ほど増えましたが、留萌線に乗るのが目的なので、廃止されたらそういう人はいなくなります。今後も観光客数を維持したいのなら、それなりの目玉をつくらないといけないのです。
(参考:YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/national/20170106-OYT1T50090.html、北海道新聞ホームぺージ http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/dohoku/1-0354228.html)

|

« ニタマにも部下 | Main | 宇都宮のLRT、2016年度の着工先送りへ »

鉄道」カテゴリの記事

JR北海道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 旧増毛駅舎、映画の時代に復元へ:

« ニタマにも部下 | Main | 宇都宮のLRT、2016年度の着工先送りへ »