« 近鉄奈良線、奈良県が平城京跡外へ移設を検討か? | Main | 京阪特急、2020年ごろに所要時間短縮か? »

北海道新幹線の乗車率、冬になると低迷

 開業6か月間は想定を大きく上回る利用状況だった、北海道新幹線。冬になってどのようになったのでしょうか?

 2016年12月の北海道新幹線の乗客数は1日平均で4800人、乗車率にすると24%でした。月別では開業以来最低ですが、年末年始を除けば観光のオフシーズンですから、乗客が減るのも仕方がありません。開業前の想定では1日5000人でしたので、平均レベルの数字を維持しているということになります。悪くはない数字です。

 細かく見ていきましょう。乗客数を平日と休日に分けてみていくと、平日は3700人(1日平均の乗客数、以下同じ)、休日は7000人。冬休み前の21日は開業以来最低の2200人しか利用しませんでした。反対に、大雪のため新千歳空港で欠航便が相次いだ23日は、新幹線に乗り継いで本州に行く客が多く、開業以来最多の14700人を記録しました。少々時間がかかっても、航空機のような割引が充実していなくても、どうしてもその日中に東京に帰りたければ、特急と新幹線を乗り継いでいく方法があるのです。ちなみに、28~31日の年末の帰省ラッシュ時は7300人でした。普段の休日ぐらいで、そう目立ったラッシュではなかったようです。
(参考:朝日新聞ホームぺージ http://www.asahi.com/articles/CMTW1701130100001.html)

|

« 近鉄奈良線、奈良県が平城京跡外へ移設を検討か? | Main | 京阪特急、2020年ごろに所要時間短縮か? »

鉄道」カテゴリの記事

JR北海道」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。

そりゃそうでしょうね。JR北海道で元々設定されていた閑散期って冬ですもんね。
その辺りは北海道の人間はよくわかっていることでしょう。

Posted by: ぷらら | 2017.03.10 12:51 PM

 ぷららさん、こんばんは。

* そりゃそうでしょうね。

 低迷しているとはいえ、想定レベルの数字を維持しているとのことなので、悪いことではないでしょう。

Posted by: たべちゃん | 2017.03.10 10:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北海道新幹線の乗車率、冬になると低迷:

« 近鉄奈良線、奈良県が平城京跡外へ移設を検討か? | Main | 京阪特急、2020年ごろに所要時間短縮か? »