« 「はまなす」車両、タイで復活か? | Main | 名鉄東大手駅にエレベータ等 »

青い森鉄道、2017年3月ダイヤ改正で減便、自動券売機撤去、営業時間短縮

 青い森鉄道もJR東日本等がダイヤ改正を行う3月4日に、ダイヤ改正を行います。

 ただ、その内容は明るいものではありません。詳細な時刻は2月下旬ごろに発表しますが、乗客が少ない昼下がりの目時-八戸間などの便の運行を取りやめます。八戸-青森間は現行の上下40本から36本になります。列車の走行距離は5221.2キロとなり、2015年度に比べて約13%減ります。

 経費削減策はこれだけではありません。自動券売機を撤去する駅が4駅、窓口の営業時間を短縮する駅が6駅あります。自動券売機を撤去するのは目時、諏訪ノ平、苫米地、北高岩。いずれも1日あたりの発券枚数が1桁です。これらの駅の自動券売機を撤去することにより、2320万円の経費削減を行うことができます。営業時間を短縮するのは、三戸、剣吉、下田、上北町、乙供、小湊。平日は終了時間を現行より1時間半~2時間半程度繰り上げます。清掃業務の直営化を含めて、年間1042万円の経費削減を見込んでいます。
(参考:Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00010002-dtohoku-l02)

|

« 「はまなす」車両、タイで復活か? | Main | 名鉄東大手駅にエレベータ等 »

鉄道」カテゴリの記事

北海道・東北私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 青い森鉄道、2017年3月ダイヤ改正で減便、自動券売機撤去、営業時間短縮:

« 「はまなす」車両、タイで復活か? | Main | 名鉄東大手駅にエレベータ等 »