« 敦賀駅は上下乗り換えに | Main | JR東日本はJR北海道への財政支援を否定、青函トンネル高速化で東京-新函館北斗間3時間台 »

谷町線ダイヤ改正で区間運転大幅に減少

 大阪市交通局は3月25日から、谷町線のダイヤを改正します。

 現在の谷町線は、大日-八尾南間全線通しで運転する列車の中に、都島-文の里間の区間運転の列車が入るダイヤが基本となっています。ところが、3月25日のダイヤ改正で大きく変わります。平日の昼間時間帯(10~16時)と休日において、原則大日-八尾南間の全線通しの列車のみとなります(特に休日は八尾南19:55発の都島行きを除いて、途中止まりはありません)。現行ダイヤでは平日、休日とも昼間時間帯は都島-文の里間5分間隔、その他の区間が10分間隔ですが、ダイヤ改正後は全区間において7分30秒間隔となります。休日の朝(7~9時)は都島-文の里間5分間隔、その他の区間が10分間隔ですが、ダイヤ改正後は全区間において5分~6分40秒間隔となります。休日の夕方(17~19時)は都島-文の里間5分間隔、その他の区間が10分間隔ですが、ダイヤ改正後は全区間において6分40秒間隔となります。

 そのほか、平日の朝ラッシュ時において、朝の混雑時間帯が早まっている状況にありますので、2分30秒~3分間隔で運行している時間帯を繰り上げます(2分30秒~3分間隔での運行が終了する時間も若干早くなります)。平日の夕方(17~19時)は大日行き、都島行きを1本ずつ増発します。八尾南方面も文の里行きのうち3本を喜連瓜破行きにします。
(参考:大阪市交通局ホームページ http://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/general/announce/w_new_info/w_new/list_h28_all/20170222_r2dia_henko.html)

|

« 敦賀駅は上下乗り換えに | Main | JR東日本はJR北海道への財政支援を否定、青函トンネル高速化で東京-新函館北斗間3時間台 »

鉄道」カテゴリの記事

大阪市高速電気軌道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 谷町線ダイヤ改正で区間運転大幅に減少:

» 【大阪市交通局】谷町線のダイヤ改正を実施(H29.3.25)約20年ぶりの大規模なダイヤ改正で、大日〜八尾南間通しの運転本数拡大 [阪和線の沿線から]
大阪市営地下鉄谷町線 八尾南駅 大阪市交通局では、平成29年3月25日(土)から市営地下鉄谷町線のダイヤ改正を実施することを発表しました。 大阪市交通局|市営地下鉄谷町線のダイ ...... [Read More]

Tracked on 2017.02.26 12:58 PM

« 敦賀駅は上下乗り換えに | Main | JR東日本はJR北海道への財政支援を否定、青函トンネル高速化で東京-新函館北斗間3時間台 »