« 根室線落合-新得間にも代行バス | Main | 中央線のグリーン車計画、延期へ »

JR東日本、摺沢-盛間に臨時バス

 大船渡線は建設時の経緯から、一ノ関-気仙沼間をまっすぐ走らず、一部区間が北に飛び出ています。この線形から、ナベヅル線とも呼ばれています。大船渡線の愛称の「ドラゴンレール」も、この線形から来ています。また気仙沼からは北に向かっているため、その飛び出ている部分と盛を結ぶと、気仙沼はかなり南に寄っているように見えます。

 大船渡線気仙沼-盛間などで導入されているBRTは、本数は充実しているものの、高速性には問題があるとされています。そこでJR東日本は地元自治体の要望を受け、利便性向上の一環として、飛び出ている部分にある摺沢と盛を直結するバスをゴールデンウィークの期間限定ながら運行することにしました。

 JR東日本のグループ会社のジェイアールバス東北が運行するこのバスは摺沢(摺沢駅前)-盛(盛駅前)間を結びます。国道343号線を経由し、途中、矢作二又(旧陸前高田市森林組合付近)と陸前高田(BRT陸前高田駅)に停まります。4月28日から5月7日の10日間の期間限定の運行で、摺沢駅前発が11時ごろと17時ごろ、盛駅前発が8時ごろと15時ごろの1日2往復の予定です。所要時間は約80分で(摺沢-盛間で見れば、気仙沼での乗り換えがないことから、上りが50~60分、下りが20~30分程度の短縮となります)、一ノ関方面との列車の接続に配慮しています。運賃はひと停留所ごとに500円、摺沢-盛間ならば途中に2つの停留所がありますので、500×3=1500円です。ただ、このバス区間を含むJRの切符をあらかじめ持っている人は、そのJRの切符でも乗車することができます。

(追記)
 夏も摺沢-盛間に臨時バスが走ります。8月4~8日、11~16日の合計11日間、走ります。
(参考:JR東日本盛岡支社ホームぺージ https://www.jr-morioka.com/cgi-bin/pdf/press/pdf_1490157657_2.pdf、http://www.jr-morioka.com/cgi-bin/pdf/press/pdf_1499925073_1.pdf、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2017/03/22/292452.html、岩手日報ホームぺージ https://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170323_6)

|

« 根室線落合-新得間にも代行バス | Main | 中央線のグリーン車計画、延期へ »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JR東日本、摺沢-盛間に臨時バス:

» 【JR東日本盛岡支社】大船渡線・盛駅〜摺沢駅前の臨時バス運行を発表(2017.4.28〜5.7) [阪和線の沿線から]
JR東日本盛岡支社では、三陸沿岸(盛・陸前高田)から大船渡線摺沢間の臨時バスを運転することを発表しました。 三陸沿岸(盛・陸前高田)から摺沢間の臨時バス運行のお知らせ(JR ...... [Read More]

Tracked on 2017.03.25 11:32 AM

« 根室線落合-新得間にも代行バス | Main | 中央線のグリーン車計画、延期へ »