« 中央線のグリーン車計画、延期へ | Main | 上越新幹線にE7系 »

学研都市に連節バス

 学研都市の精華・西木津地区の人口は増えていますが、企業の進出も相次いでいます。そのため朝夕の通勤時間帯にはバスの利用者が増えています。

 そこで奈良交通は京都府等の要望に応えて、この秋(早ければ9月)から、祝園駅(JR)、新祝園駅(近鉄)と学研都市の精華・西木津地区との間に連節バスを運行する計画です。駅西側の大型商業施設前のバスターミナルからけいはんなプラザなどを経て、光台を循環するルートです。京都府内で連節バスが走るのはここが初めてです。

 学研都市に導入される連節バスはスウェーデンのスカニア社がつくったもので、全長が18メートル、標準的なバスより7メートル長いです。定員は130人入り、通常の路線バスの1.5倍です。値段は1台9000万円ですが、奈良交通は国から半額の補助を受け、2台導入しました。

(追記)
 学研都市を走る連節バスの名前が「YELLOW LINER 華連」と決まりました。車体の色が丘陵の緑に映えるように黄色になっているところから「YELLOW LINER」がつき、精華町を走る連節バスであることから「華連」がつきました。

 なお、この連節バスの運行開始時期は少し遅れて2018年春となっています。
(参考:京都新聞ホームぺージ http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20170323000132、http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20171008000038)

|

« 中央線のグリーン車計画、延期へ | Main | 上越新幹線にE7系 »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 学研都市に連節バス:

« 中央線のグリーン車計画、延期へ | Main | 上越新幹線にE7系 »