« 高槻に可動式ホーム柵、六甲道は昇降式ホーム柵を取り替え | Main | 宮古市内に三陸鉄道の駅3駅設置、三陸鉄道に急行か? »

台湾鐵路管理局、2020年にほとんどの車両で段差解消へ

 台湾鐵路管理局のホームは車両の床面より低く、乗降の際には車両にあるステップを使う必要があります。当然ながらバリアフリーではありません。

 しかしその台湾鐵路管理局でも駅施設や車両でのバリアフリー化が進み、ホームのかさ上げが進んでいます。それにともない、新しい車両の中には最初からステップがないものもあり、古い車両も原則として2020年までにステップをなくす改修工事を行います。対象となるのは931両で、あと3年ほどでホームと車両との段差が解消されることになります。
(参考:フォーカス台湾ホームぺージ http://japan.cna.com.tw/news/atra/201612220005.aspx)

|

« 高槻に可動式ホーム柵、六甲道は昇降式ホーム柵を取り替え | Main | 宮古市内に三陸鉄道の駅3駅設置、三陸鉄道に急行か? »

鉄道」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 台湾鐵路管理局、2020年にほとんどの車両で段差解消へ:

« 高槻に可動式ホーム柵、六甲道は昇降式ホーム柵を取り替え | Main | 宮古市内に三陸鉄道の駅3駅設置、三陸鉄道に急行か? »