« 台湾の鉄道に家族連れ車両 | Main | 高槻に可動式ホーム柵、六甲道は昇降式ホーム柵を取り替え »

姫路-英賀保間に新駅

 姫路駅近辺では新駅の開業が相次いでいます。2016年に開業した東姫路のほか、2005年にひめじ別所が、2008年にはりま勝原が開業しました。

 ここにさらに駅が加わります。駅が加わるのは、山陽線の姫路-英賀保間。JR西日本と姫路市は2016年12月28日までに、この区間に新駅をつくることで合意しました。

 新駅の場所は、姫路から約1.8キロ、英賀保から約2.8キロのところにあります。開業時期は今のところ決まっていませんが、姫路市は手柄山中央公園の再整備計画があります。手柄山中央公園のうち、ひめじ手柄山遊園がある北西部エリアについて2025年度までに整備する予定です。どうやらこれに合わせて駅を開設するようです。事業費については、姫路市が2/3、JR西日本が1/3を負担する方針です。

 新駅を設置することにより、手柄山中央公園に公共交通で来る人を増やすのが狙いのようです。

(追記)
 2021年1月のことですが、JR西日本から、姫路-英賀保間の新駅についての発表がありました。姫路から約1.8キロのところにでき、12両対応の相対式ホーム2面からなっています。駅舎は橋上駅舎で、上屋の長さは6両分です。開業時期は2026年春です。
(参考:神戸新聞NEXT https://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201612/0009788516.shtml、JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/210114_00_shineki.pdf)

| |

« 台湾の鉄道に家族連れ車両 | Main | 高槻に可動式ホーム柵、六甲道は昇降式ホーム柵を取り替え »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 姫路-英賀保間に新駅:

« 台湾の鉄道に家族連れ車両 | Main | 高槻に可動式ホーム柵、六甲道は昇降式ホーム柵を取り替え »