« 「プレミアムカー」は8月20日デビュー、朝は全車座席指定の「ライナー」 | Main | 北陸鉄道、全国交通系ICカードでフリー乗車券購入可 »

叡電、緑の楕円が特徴の観光用車両

 出町柳から八瀬・比叡山、そして鞍馬に向かう叡山電鉄。1997年に運行を開始した展望列車「きらら」で知られています。その叡山電鉄は2018年春から、観光用車両を運行します。主に八瀬・比叡山方面へ運行します。

 観光用車両は新しい車両をつくるのではなく、既存の700系車両1両を大幅にリニューアルします。プレスリリースにその観光用車両のイメージが載っていますが、縦に長い緑の縁の楕円が印象的です。比叡山と鞍馬山が発するダイナミックな「気」の循環を、二つの山頂を極とする楕円ループになぞらえているそうです。上下二つのライトは、比叡山と鞍馬山をイメージしています。楕円が目立つ先頭部以外は通常の箱型の車体ですが(側面の扉の窓も、楕円となっています)、緑がベースになっています。

(追記1)
 叡山電鉄は9月29日、2018年春デビュー予定の新しい観光用車両の愛称を「ひえい」と発表しました。

(追記2)
 「ひえい」は2018年3月21日にデビューします。冬の間運休していた叡山ケーブル等が春になって運行を始める日に合わせました。「ひえい」は火曜日を除く毎日、日中に走ります。平日は約40分間隔、休日は約45分間隔で走ります。なお、「ひえい」は運賃だけで乗車できます。
(参考:京阪ホームページ http://www.keihan-holdings.co.jp/news/upload/2017-03-30_%E2%91%A2eiden.pdf、京都新聞ホームぺージ http://kyoto-np.co.jp/economy/article/20170330000157、叡山電鉄ホームぺージ https://eizandensha.co.jp/wp-content/uploads/sites/2/2017/09/news_20170929.pdf、https://eizandensha.co.jp/wp-content/uploads/sites/2/2018/01/news_20180126.pdf)

|

« 「プレミアムカー」は8月20日デビュー、朝は全車座席指定の「ライナー」 | Main | 北陸鉄道、全国交通系ICカードでフリー乗車券購入可 »

鉄道」カテゴリの記事

関西私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 叡電、緑の楕円が特徴の観光用車両:

» 【叡山電鉄】八瀬・比叡山への観光用車両を導入(H30年春) [阪和線の沿線から]
叡山電鉄では、八瀬・比叡山への観光客向けの車両を平成30年春から運行することを発表しました。 叡山電車の八瀬・比叡山への観光用車両が平成30年春にデビュー(叡山電鉄|ニュー ...... [Read More]

Tracked on 2017.04.03 11:51 PM

« 「プレミアムカー」は8月20日デビュー、朝は全車座席指定の「ライナー」 | Main | 北陸鉄道、全国交通系ICカードでフリー乗車券購入可 »