« アルピコ交通、大阪・京都-扇沢・白馬間にバス | Main | 京阪、電気を新電力から購入 »

大分県内の日豊線でスイーツ列車

 7月22日のことですが、大分から佐伯まで、車内で季節のスイーツを味わう貸切列車が運行されます。

 「或る列車」が出張運行するわけではありません。大分発佐伯行きの片道1本のみが運行される(大分13:16発、鶴崎からの乗車も可)、「佐伯産ティータイムトレイン」といい、参考にした記事によれば、787系が使われるようです。

 車内では地元菓子店がつくる自慢のアイスバー、和菓子、フルーツゼリー、杏仁プリンなどの5品。佐伯特産の因尾茶もあります。交換駅では上浦吹奏楽団によるフルートの演奏も行われます。終着の佐伯では構内に「さいきビアホーム」が開設され、ビールのほか、ごまだしうどん、唐揚げ、かき氷などを楽しむことができます。

 料金は大人、子供共に3500円、「或る列車」と違って高くはありません。大分から佐伯までの運賃のほか、スイーツやビアホームで利用することのできる1000円分のチケットが含まれています。子供にはカブトムシのプレゼントもあります。先着36人限定です。
(参考:大分合同新聞ホームぺージ http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2017/06/11/JD0055838968)

|

« アルピコ交通、大阪・京都-扇沢・白馬間にバス | Main | 京阪、電気を新電力から購入 »

鉄道」カテゴリの記事

JR九州」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大分県内の日豊線でスイーツ列車:

« アルピコ交通、大阪・京都-扇沢・白馬間にバス | Main | 京阪、電気を新電力から購入 »