« 「現美新幹線」が大宮始発に | Main | なにわ筋線では新型「ラピート」で »

天満橋-枚方間に定期観光船

 京阪間の交通手段といえば、鉄道でしょうが、その鉄道が開業するまでは、船でした。その船が復活するようです。

 京阪ホールディングスは9月から子会社の大阪水上バスが、天満橋(八軒家浜船着場)-枚方(淀川河川公園内)間に定期観光船を走らせます。戦前は大阪と伏見との間に水運が発達していましたが、定期船が走るのは戦後では初めてのことです(不定期での運航はこれまでもありました)。第2日曜日を中心に運航され、所要時間は3時間。食事もついて4950円です。大川などで走っている船を使うため定員は約60人で、ガイドによる歴史の解説も行われます。

 京阪ホールディングスは京阪間に船を運航することも検討しています。

(追記)
 夢洲と京都府内とを結ぶ観光船は、天満橋-枚方市間航路を延伸するかたちで、2020年までの開設を目指します。なお、京都府内の船着き場は、木津川、宇治川、桂川が合流するところにある、八幡市の桜の名所、背割堤付近につくられるようです。
(参考:日本経済新聞ホームぺージ http://www.nikkei.com/article/DGXLASHD25H2A_V20C17A7LKA000/、https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27076380Z10C18A2AM1000/)

| |

« 「現美新幹線」が大宮始発に | Main | なにわ筋線では新型「ラピート」で »

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 天満橋-枚方間に定期観光船:

« 「現美新幹線」が大宮始発に | Main | なにわ筋線では新型「ラピート」で »