« 長崎新幹線、どのように整備するかは2018年度以降に先送り | Main | JR九州、2018年3月に大分近郊の駅を無人化か? »

京都市交通局の車両がJR東日本風に?

 京都市交通局烏丸線の車両は、地下鉄が開業した1981年にデビューした10系車両が使われています。10系は1981年から1997年にかけて導入され、一番古いのは36年を経過しています。そのため、具体的な時期は決まっていないのですが、新型車両の導入計画があります。

 その新型車両のデザインについて、入札が行われました。京都市交通局は京都市の一機関なので、入札を行わないといけなかったのです。この入札には、総合車両製作所のほか、近畿車輛、川崎重工業の3社が参加しましたが、総合車両製作所はたった1円で落札しました。元々の予定価格(税抜)は500万円で、残りの2社は396~445万円でしたが、たった1円という破格の値段で落札したのです。この入札は8月31日に決定し、確定しました。

 ところで、落札した総合車両製作所は、JR東日本の系列。ということは、烏丸線の車両が、JR東日本風になるということでしょうか?

(追記)
 京都市交通局烏丸線の新車入札は2019年7月に行われ、近畿車輛が落札しました。総合車両製作所は辞退しました。
(参考:レスポンスホームページ https://response.jp/article/2017/09/01/299245.html、京都市交通局ホームページ www2.nyusatsu.city.kyoto.lg.jp/kotsu/ebid/buppin/kekka2019c/4313000431.htm)

|

« 長崎新幹線、どのように整備するかは2018年度以降に先送り | Main | JR九州、2018年3月に大分近郊の駅を無人化か? »

鉄道」カテゴリの記事

関西私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 京都市交通局の車両がJR東日本風に?:

« 長崎新幹線、どのように整備するかは2018年度以降に先送り | Main | JR九州、2018年3月に大分近郊の駅を無人化か? »