« 「拝島ライナー」、2018年春に登場 | Main | オリンピック期間中は最終繰り下げ? »

三江線、「青春18きっぷ」のない平日なのに廃止を惜しむファンで列車遅れる

 2018年3月をもって全線が廃止になる三江線。廃止まで半年を切っていますので、廃止を惜しむ鉄道ファンが多く訪れています。9月に乗車した時もそうでしたし、さらに言えば2016年度の輸送密度にもその動きはすでに表れています。

 その三江線ですが、廃止を惜しむファンで混雑しています。「青春18きっぷ」の使える期間や休日ではありません。ごく普通の平日なのに、混んでいるのです。JR西日本のホームページには「現在、三江線では、多くのお客様にご利用いただいており、列車によってはご乗車いただけない場合もございます。あらかじめご了承ください。」(JR西日本ホームページより引用)との記述がここ数日続いていますし、11月10日には、混雑のため、20~40分の遅延が発生しました。もともと三江線は、とくに有名なところはありませんが、全線にわたって紅葉を見ることができるため、この時期の利用は増えていたようです。さらに廃止が目前に迫っているので、旅行会社も三江線乗車を盛り込んだツアーをたくさん企画しています。ほぼ満席になるものがあるなど、好評のようです。

 乗車できない危険性があるほど混むのなら、増結や増発をすればいいのかもしれません。しかし、廃止が目前の鉄道に投資をする必要はありません。ただこのままでは車両は足らないですし、交換できる駅は少なく、増発したくてもできません。三江線の本数は少なく、しかも日照時間の短い冬場では、全線景色を見ることのできる列車は三次10:02発ぐらいしかありません(廃止真際の3月になると、三次、江津の両端の駅を5時台に出る便でも全線で景色を見ることはできるでしょうが)。今から乗る人は祭りだと割り切り、非日常の三江線に乗らざるを得ないでしょう。

(追記1)
 12月23日から、江津5:53発三次行き、三次10:02発石見川本行き、石見川本13:45発江津行きの3本において、3両編成での運転を始めました。2018年1月中旬までの予定です。

(追記2)
 2018年3月は毎日、一部列車(江津5:53発三次行き、三次10:02発石見川本行き、石見川本13:45発江津行き)を3両で運転します。ホームが短い駅が多いため、最後尾の車両は扉が開きません。
(参考:乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/79010、JR西日本ホームぺージ http://trafficinfo.westjr.co.jp/chugoku_history_detail.html?id=00038651、railf.jp http://railf.jp/news/2017/12/24/202500.html、朝日新聞ホームぺージ https://www.asahi.com/articles/ASL315CQSL2XPTIB00N.html)

|

« 「拝島ライナー」、2018年春に登場 | Main | オリンピック期間中は最終繰り下げ? »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 三江線、「青春18きっぷ」のない平日なのに廃止を惜しむファンで列車遅れる:

« 「拝島ライナー」、2018年春に登場 | Main | オリンピック期間中は最終繰り下げ? »