« 日田彦山線の沿線自治体、年間1.6億円の支援すら拒否 | Main | 和歌山電鐵の2018年度決算は大幅な赤字? »

「博多名物かしわめし」も復活

 九州一のターミナルである博多駅。当然ながら駅弁もたくさん売られていますが、ほかの駅の駅弁を持ってきたり、JR系の業者の駅弁だったりして、地元業者のものではありません。かつてはそのような駅弁もあったのですが、9年前に廃業してしまったのです。

 ところが、2018年の年末にそれが復活したのです。復活した駅弁は、博多鉄道構内営業(屋号は寿軒)の「博多名物かしわめし」。1896年創業の歴史ある会社で、最初はおにぎりの販売から始めましたが、大正時代に入ってから駅弁を本格的にやるようになりました。「かしわめし」も戦前から発売していたようです。

 復活のきっかけは、山口県唯一の駅弁業者だった小郡駅弁当が駅弁事業から撤退し、広島駅弁当がレシピを継承したこと。そのことを知った寿軒の社長が広島駅弁当に打診し、広島駅弁当が引き継ぐことになったのです。広島駅弁当は新会社を設立し(当初は広島駅弁当と同一所在地に設立しましたが、すぐに福岡市内に変更し、法人名も博多駅寿改良軒としました)、「かしわめし」を引き継ぐことにしましたが、肝心のレシピがなかったため、太宰府に伝わるかしわめしのつくりかたをもとに、復刻することにしました。おかずにはがめ煮(筑前煮)や高菜もあります。弁当の包装紙は寿軒が使っていた筑後地方の郷土玩具、「赤坂人形」のイラストをそのまま使っています。値段は税込み860円、博多駅のほか、小倉駅でも販売しています。
(参考:毎日jp https://mainichi.jp/articles/20190105/k00/00m/040/061000c、国税庁法人番号公表サイト http://www.houjin-bangou.nta.go.jp/henkorireki-johoto.html?selHouzinNo=8240001053429)

|

« 日田彦山線の沿線自治体、年間1.6億円の支援すら拒否 | Main | 和歌山電鐵の2018年度決算は大幅な赤字? »

鉄道」カテゴリの記事

JR九州」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「博多名物かしわめし」も復活:

« 日田彦山線の沿線自治体、年間1.6億円の支援すら拒否 | Main | 和歌山電鐵の2018年度決算は大幅な赤字? »