« 所沢市のコミュニティバス、東村山市内への乗り入れは2020年3月まで | Main | 静岡県、リニアのルート変更を求めず »

芸備線運転再開で備後庄原-広島間に臨時快速

 2018年の平成30年7月豪雨以来運休が続いていた芸備線ですが、以前にも書いたとおり10月23日に復旧することになりました。豪雨の前と同じダイヤで1日上下45本を運行します。三次-中三田間で実施している暫定運転及び三次-下深川間で実施している代行バスは前日の10月22日で終了します。

 そして10月26日から12月8日までの休日(15日間)、快速「三次ライナー」のうち1往復が備後庄原発着に延長され、快速「庄原ライナー」となります。快速「庄原ライナー」のダイヤは、備後庄原行きが広島10:05発、三次11:30発、備後庄原11:56着。広島行きが備後庄原17:26発、三次18:10発、広島19:34着です。備後庄原-三次間はノンストップです。2両編成の予定です。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/09/page_14980.html、https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/09/page_14979.html、毎日jp https://mainichi.jp/articles/20190925/ddl/k34/040/381000c)

|

« 所沢市のコミュニティバス、東村山市内への乗り入れは2020年3月まで | Main | 静岡県、リニアのルート変更を求めず »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 所沢市のコミュニティバス、東村山市内への乗り入れは2020年3月まで | Main | 静岡県、リニアのルート変更を求めず »