« JR九州の無人化に市民団体が反発 | Main | 和泉市いずみの国歴史館に行ってきました »

小田急の新型通勤車両の床はフローリング?

 小田急は新型通勤車両5000形を導入します。デビューの日は2020年3月26日、12年ぶりの新型通勤車両で、2019年度に10両編成1本、2020年度に10両編成5本を導入する予定です。

 5000形は4000形に比べて車両の幅が11センチメートル広く、2.9メートルとなっています。かつてはこのような幅の広い車両を走らせていたのですが、ここのところは他社と設計を合わせるため、若干幅が狭くなっていたのです。小田急はこの幅の広い車両で輸送力を上げ、混雑の緩和を狙います。ただ、このように幅が広くなっているため、東京メトロや箱根登山鉄道に乗り入れることができず、小田急線内のみしか運転できません。

 車内で気になるのが、木目の床。フローリングみたいになっています。実際の木の板を敷き詰めたとは思えず、フローリング風でしょうが、東京の通勤電車とは思えない床です。
(参考:railf.jp https://railf.jp/news/2019/11/12/120000.html、https://railf.jp/news/2020/02/07/064500.html、東洋経済ONLINE https://toyokeizai.net/articles/-/313798)

|

« JR九州の無人化に市民団体が反発 | Main | 和泉市いずみの国歴史館に行ってきました »

鉄道」カテゴリの記事

小田急」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« JR九州の無人化に市民団体が反発 | Main | 和泉市いずみの国歴史館に行ってきました »