« 和歌山電鐵に「ニタマ電車」 | Main | 阿蘇山ロープウェー、再建を断念、バスによる輸送へ »

長崎新幹線の開業は2022年6月?

 長崎新幹線も北陸新幹線と同じ、2022年度に開業します。このうち、北陸新幹線は2022年度末に開業します。それでは、長崎新幹線は2022年度の中でもいつになるのでしょうか?

 青柳JR九州社長の話によれば、その時期は2022年6月になるようです。しかも、前倒しが求められても対応できるようにします。2022年3月に開業することも視野に入れているようです。2022年6月開業としても、2年半しかありません。

 ただ、長崎新幹線はフル規格でできてしまいます。武雄温泉で在来線に乗り換える「リレー方式」です。目の前に列車が停まっているとは言え、面倒な方式です。九州新幹線新八代開業のときのように乗り換えがあっても大幅な時間が短縮があるならいいのですが、長崎新幹線はそれほどでもなく、所要時間が少し遅い程度の高速バスが頻繁に運転されています。車でもそんなに遠くはありません。北陸新幹線も敦賀で乗り換えになりますが、今までは乗り換えが必要であった東京方面は乗り換えが不要になりますし、名古屋方面はともかく、関西との間の高速バスはあまりありません。その高速バスも鉄道に比べるとかなり遅いのです。

 そして、一番の問題は、長崎新幹線が全線フル規格新幹線になるという保証がないこと。九州新幹線は7年で全線開業しましたし、北陸新幹線もかなりかかりますが、いずれはフル規格新幹線になります。しかし、長崎新幹線は佐賀県と長崎県が対立していて、先が見えません。永久に武雄温泉での乗り換えが続く、誰の得にもならない新幹線ができあがります。急がなければならないことは、暫定開業を急ぐことではなく、今後の整備方針を決めることです。博多-長崎間を50分以内で結ぶことができ、新大阪にも直通することができるフル規格新幹線がベストですが、それが無理なら少なくとも直通はできるスーパー特急で我慢するしかないでしょう。レールを敷き直すため開業時期は遅くなりますが、「リレー方式」よりははるかにましです。
(参考:長崎新幹線ホームページ this.kiji.is/587814288801350753?c=39546741839462401)

|

« 和歌山電鐵に「ニタマ電車」 | Main | 阿蘇山ロープウェー、再建を断念、バスによる輸送へ »

鉄道」カテゴリの記事

整備新幹線」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 和歌山電鐵に「ニタマ電車」 | Main | 阿蘇山ロープウェー、再建を断念、バスによる輸送へ »