« 東京・品川-小田原・熱海・三島間に「EXこだまファミリー早特」設定 | Main | 東急も3月14日にダイヤ改正 »

JR西日本の16両編成700系は残る

 JR東海の700系は3月に最終走行を行い、全車廃車になります。それでは、東海道新幹線と直通運転を行っているJR西日本はどうなのでしょうか?

 以前にも書きましたが、JR西日本の16両編成の700系はすぐには廃車になりません。臨時列車用として保有し続けるのです。喫煙席については清掃と消臭を行い、全車禁煙車(喫煙ルームなし)の列車として走らせます。近鉄の12200系も同じように清掃と消臭を行い、禁煙車として売るのです。

 もっとも、4月1日以降も喫煙車が残る列車があります。それは「サンライズ出雲・瀬戸」。寝台車の個室はホテルの客室同様、健康増進法の対象外です。寝タバコのほうが危なそうな気がしますが、喫煙車として存続することが認められるのです。

(追記)
 JR西日本の16両編成の700系は東海道新幹線でも走っていましたが、2020年2月28日でその運用は終了しました。山陽新幹線では、ダイヤ改正直前まで定期列車として走ります。
(参考:Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200209-00010000-norimono-bus_all&p=2、railf.jp https://railf.jp/news/2020/02/29/203000.html)

|

« 東京・品川-小田原・熱海・三島間に「EXこだまファミリー早特」設定 | Main | 東急も3月14日にダイヤ改正 »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 東京・品川-小田原・熱海・三島間に「EXこだまファミリー早特」設定 | Main | 東急も3月14日にダイヤ改正 »