« しなの鉄道は新型車両導入を前提としたダイヤ | Main | 樽見鉄道、増便のダイヤ改正で通勤客2割増える »

東京BRTは5月24日デビュー

 東京の都心と臨海部を結ぶBRT、東京BRTのデビューの日が決まりました。5月24日にプレ運行(一次)を開始します。

 東京BRTを運行する会社は京成バス。虎ノ門ヒルズ-新橋-晴海BRTターミナル間を走ります。虎ノ門ヒルズ-晴海BRTターミナル間は約30分です。6時台から22時台の間、ピーク時は1時間に6本、日中は1時間に4本走ります。運賃は現金、ICカードともに220円(都バスの均一料金210円より10円高いですが、停留所が少ないことから急行料金の意味合いがあるようです)、定期券の発行も予定しています。当面は都内のほかの路線バスと同じく、前乗り先払いですが(試験的に券売機による乗車券の販売を行うことを検討しています)、本格運行時(環状2号線本線トンネルが開通する2022年度を予定してす)には全ての扉から乗車できるようにする予定です。プレ運行(一次)開始予定の段階では、燃料電池5両、ディーゼルバス3両の合計8両で賄いますが、7月には連節バス1両(ディーゼルハイブリッド)も追加する予定です。
(参考:京成バスホームページ www.keisei.co.jp/information/files/info/20200214_140741093064.pdf、東京新聞ホームページ https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020021401001873.html、タビリスホームページ https://tabiris.com/archives/tokyo-brt202002/、レスポンスホームページ https://response.jp/article/2020/02/17/331758.html)

|

« しなの鉄道は新型車両導入を前提としたダイヤ | Main | 樽見鉄道、増便のダイヤ改正で通勤客2割増える »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« しなの鉄道は新型車両導入を前提としたダイヤ | Main | 樽見鉄道、増便のダイヤ改正で通勤客2割増える »