« 長崎県民の半分以上が、長崎新幹線が開業すると「かもめ」が廃止になることを知らない | Main | 長野電鉄に03系 »

バスタ、全国に増殖か?

 バスタ新宿は2016年に開業した、バスやタクシーのターミナル施設。国道20号に面していて、新宿駅周辺19か所に分かれていた高速バスの停留所を集約しました。国交省によれば、2019年4月時点での高速バス利用者は1日平均約2.9万人、発着便数は1494便です。当初は900便と想定していたので、それを大きく上回っていると言うことになります。そのため、国交省は新宿以外にもバスタをつくろうとしていますが、それにはいくつか問題があるようです。

 実はバスタは、国道の一部という扱いです。道路上にある高速バスのバス停を建物の中にまとめれば、道路上に停まっているバスを減らすことができ、渋滞も減るという理屈です。そのため、バスタは駐車場という扱いで、バスやタクシー以外の一般車を排除することができません。そこで、法律を改正して、バスやタクシー専用の駐車場であることをはっきりさせます。

 法律の改正では、運営を全て民間に任せることができるようにします。民間事業者は運営権を国から買い、バス会社などからは利用料を徴収します。現在は売店の設置や変更を行うごとに占用許可が要りますが、それも簡略化できるようにします。改正法案は4日の閣議で決定され、この通常国会での成立を目指します。

 さて、新しいバスタの設置箇所として国交省が考えているのは、次のところです。札幌、仙台、新潟、大宮、品川、三宮、呉、長崎の各駅前です。バスタを各地につくることにより、2030年度のバスタの高速バス利用者を5000万人にしたいと考えています。2018年度の5倍です。
(参考:朝日新聞2月5日朝刊 中部14版)

|

« 長崎県民の半分以上が、長崎新幹線が開業すると「かもめ」が廃止になることを知らない | Main | 長野電鉄に03系 »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 長崎県民の半分以上が、長崎新幹線が開業すると「かもめ」が廃止になることを知らない | Main | 長野電鉄に03系 »