« バスタ、全国に増殖か? | Main | 2月22日ダイヤ改正で「京王ライナー」増発 »

長野電鉄に03系

 長野電鉄は3500系、3600系に代えて、新しい通勤型車両を走らせます。

 約11年ぶりのその新しい通勤型車両は3000系。元東京メトロ日比谷線03系車両を改造したものです。3500系や3600系も元東京メトロ日比谷線の車両だったので、日比谷線の車両で日比谷線の車両を置き換えることになります。

 それでは、3000系車両にはどういう特徴があるのでしょうか? 3000系は長野電鉄初の交流モーターによるインバータ制御の車両で、電力消費量の削減につながる、環境に優しい省エネルギー車です。3500系や3600系より客室の冷房能力の向上が図られ、快適な車両になります。

 3000系は2020年に2編成6両を導入します。車両の前方に長野電鉄のカラーの赤帯を飾り、駅で客がドアを開閉することができるようにボタンを設置するなどの改造をしてから、ゴールデンウィークに営業を開始する予定です。3000系はその後も増備を続け、2022年までに合計5編成を導入します。8億円強かかります。
(参考:長野電鉄ホームページ https://www.nagaden-net.co.jp/news/2020/01/post-244.php、日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55048330Q0A130C2L31000/)

|

« バスタ、全国に増殖か? | Main | 2月22日ダイヤ改正で「京王ライナー」増発 »

鉄道」カテゴリの記事

関東・甲信越私鉄」カテゴリの記事

東京地下鉄・都営地下鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« バスタ、全国に増殖か? | Main | 2月22日ダイヤ改正で「京王ライナー」増発 »