« 水間鉄道、最終列車を1時間ほど繰り上げ | Main | 山陽・九州新幹線直通も「みずほ」、「さくら」も一部区間運休 »

加古川市、「NicoPa」利用なら上限200円に

 加古川市内の神姫バスは、初乗りが160円で、距離に応じて10円単位でどんどん上がっていくタイプでした。一番高いJR加古川駅-都台間は590円です。

 しかし、この4月からは加古川市内の停留所で乗車かつ降車し、支払いに神姫バスのICカード「NicoPa」を使った場合、上限が200円になります(200円未満のときはその金額です)。現金やほかのICカードでは適用されません。試算では、加古川市の補填金額は年間1500万円になるとのことです。

 すでに三木市でも同じような施策を行っていますが、なぜ加古川市も行うようにしたのでしょうか? 加古川市内の路線バスも利用者が減少し、減便や休止が相次いでいます。利用者が減っている原因として考えられるのは、運賃の高さ。加古川市でも南部は、コミュニティーバスの「かこバス」があり、100円か200円で乗ることができます。これに対して、加古川市の北部は「かこバス」がなく、距離に応じて運賃が上がる神姫バスなので、どうしても高くなるのです。加古川市は運賃を安くすることでバスの利用者を増やし、公共交通を維持したいと考えています。
(参考:神戸新聞NEXT https://www.kobe-np.co.jp/news/touban/201907/0012503708.shtml、加古川市ホームページ https://www.city.kakogawa.lg.jp/soshikikarasagasu/tosi_kekaku/tosikekakuka/kotsuseisaku/communitykoutuu/18146.html)

|

« 水間鉄道、最終列車を1時間ほど繰り上げ | Main | 山陽・九州新幹線直通も「みずほ」、「さくら」も一部区間運休 »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 水間鉄道、最終列車を1時間ほど繰り上げ | Main | 山陽・九州新幹線直通も「みずほ」、「さくら」も一部区間運休 »